ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月24日付け

 普通の県人会式典なら400人がいいところだが、小禄田原字人会95周年式典には600人が集まった。県人会長の半分以上は一世だが、ここでは名実ともに二〜三世が中心で、建築資材業界、化粧品業界の大手企業経営者が多い。百周年を目指して今回から当地側が資金を負担して、故郷より次世代交流リーダー4人を招待する制度を始めたのは、そんな資金的裏づけがあるからだ▼県人会は大災害に限って母県を支援し、通常は母県から毎月支援してもらうイメージが強い。でも沖縄の場合は常に郷土と協力し合う雰囲気が濃厚だ。今回25人の訪伯団が来たが、昨年10月のウチナーンチュ大会では当地字人会から143人が郷土を訪問していた▼同字出身の上原幸啓さん(84、元百周年協会理事長)から「移民しなかったら、僕はきっと戦争で死んでいましたよ。小学校の同級生80人のうち、戦後生き残ったのは12人だけ。残りはみな戦死しましたから」と聞き、驚いた。前に軍港、後に海軍司令部、横に空港という立地の小禄は、沖縄戦で「1平米に爆弾二つぐらい落ちた」(上原談)という猛烈な爆撃を受けた。だから戦後に大量移住した訳だ▼幸啓さんの父と妹は防空壕の中に隠れていたが爆撃で死んだ。兄弟が米国移民していた祖母が、「戦争になったら沖縄は最後だ」とくり返し言ってブラジル行きと薦めたので、幸啓さんの父は子供のみ渡伯させた。悲しいことに、その情報と判断は正しかった▼そうして生き延びた子供達が当地で成長し、先人の苦労と決断に感謝し、故郷と協力し合いながら生きている。平和な時こそ国境を越えて絆を確かめ合うことが大切なのだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]