ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月24日付け

 普通の県人会式典なら400人がいいところだが、小禄田原字人会95周年式典には600人が集まった。県人会長の半分以上は一世だが、ここでは名実ともに二〜三世が中心で、建築資材業界、化粧品業界の大手企業経営者が多い。百周年を目指して今回から当地側が資金を負担して、故郷より次世代交流リーダー4人を招待する制度を始めたのは、そんな資金的裏づけがあるからだ▼県人会は大災害に限って母県を支援し、通常は母県から毎月支援してもらうイメージが強い。でも沖縄の場合は常に郷土と協力し合う雰囲気が濃厚だ。今回25人の訪伯団が来たが、昨年10月のウチナーンチュ大会では当地字人会から143人が郷土を訪問していた▼同字出身の上原幸啓さん(84、元百周年協会理事長)から「移民しなかったら、僕はきっと戦争で死んでいましたよ。小学校の同級生80人のうち、戦後生き残ったのは12人だけ。残りはみな戦死しましたから」と聞き、驚いた。前に軍港、後に海軍司令部、横に空港という立地の小禄は、沖縄戦で「1平米に爆弾二つぐらい落ちた」(上原談)という猛烈な爆撃を受けた。だから戦後に大量移住した訳だ▼幸啓さんの父と妹は防空壕の中に隠れていたが爆撃で死んだ。兄弟が米国移民していた祖母が、「戦争になったら沖縄は最後だ」とくり返し言ってブラジル行きと薦めたので、幸啓さんの父は子供のみ渡伯させた。悲しいことに、その情報と判断は正しかった▼そうして生き延びた子供達が当地で成長し、先人の苦労と決断に感謝し、故郷と協力し合いながら生きている。平和な時こそ国境を越えて絆を確かめ合うことが大切なのだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]