ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月19日

 純米大吟醸から柚子酒まで、様々な日本酒が並んだ食品見本市。大和商事の見目朋実さんによれば、「日本酒は、味がいいのは当然ながらデザインが重要」。飲んだ後に瓶を飾りたいという店や客も多く、渋いデザインよりも、カラフルな瓶や浮世絵など和風な柄つきの瓶が人気という。特に、プレゼント文化が盛んな当地では箱入りが重宝されるとか。出品商品の中には、日本酒には珍しい、レバーで開け閉めできる瓶を採用した蔵元も。
     ◎
 毎日新聞の報道によれば、亜国ブエノスアイレス近郊にあるフロレンシオ・バレス市では8日、地元で開催される『日本祭』で、東京五輪の開催決定を万歳三唱で祝った。掲載された写真を見ると、「2020年東京オリンピック開催 おめでとう!!」と書かれたファイシャを手に、老若男女が歓声を上げている様子が分かる。亜国の日系社会関連では、このほかにも五輪開催決定を喜ぶニュースが数多く見られた。一方で、当地では全くと言ってよいほど聞かなかったのは何故だろう。何となく寂しいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年4月16日 大耳小耳  5月1日の新天皇ご即位を祝した記念式典が、今月30日午後7時、文協多目的ホール(Rua Sao Joaquim, […]
  • 大耳小耳2019年4月12日 大耳小耳  BS朝日「皇室スペシャル」番組が、67年に聖市内のサンタ・カーザ病院を皇后陛下(当時、皇太子妃殿下)がご訪問された際に、出会われた芹口マリリ百合子さんを探している。芹口さんは当時10歳で小児麻痺を患っていたが、十数回の手術を受けて歩行を回復し、美容師として働けるまでになったと […]
  • 大耳小耳2019年3月2日 大耳小耳  生粋の伯人女性で自称“紙芝居おばさん ”ことフラビア・マリア・ウォルフォウィッツさんの「紙芝居お話会」(ポ語)が、9日午後2時、3時の二回に渡り、聖市のジャパン・ハウス(Avenida Paulilsta, […]
  • 大耳小耳2019年2月9日 大耳小耳  本日1面には内閣府から「日・ブラジル首脳会談」という政府広告が掲載されている。このような日本政府の広告はとても珍しく、安倍総理が来伯してから始まった。「ブラジル日系社会の皆さんに、直接に報告したい」という総理の熱意の表れの一端ではないかと思われる。しかも今回のものは、短いなが […]