ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月19日

 純米大吟醸から柚子酒まで、様々な日本酒が並んだ食品見本市。大和商事の見目朋実さんによれば、「日本酒は、味がいいのは当然ながらデザインが重要」。飲んだ後に瓶を飾りたいという店や客も多く、渋いデザインよりも、カラフルな瓶や浮世絵など和風な柄つきの瓶が人気という。特に、プレゼント文化が盛んな当地では箱入りが重宝されるとか。出品商品の中には、日本酒には珍しい、レバーで開け閉めできる瓶を採用した蔵元も。
     ◎
 毎日新聞の報道によれば、亜国ブエノスアイレス近郊にあるフロレンシオ・バレス市では8日、地元で開催される『日本祭』で、東京五輪の開催決定を万歳三唱で祝った。掲載された写真を見ると、「2020年東京オリンピック開催 おめでとう!!」と書かれたファイシャを手に、老若男女が歓声を上げている様子が分かる。亜国の日系社会関連では、このほかにも五輪開催決定を喜ぶニュースが数多く見られた。一方で、当地では全くと言ってよいほど聞かなかったのは何故だろう。何となく寂しいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年2月2日 大耳小耳  公益社団法人「日本財団」は、世界各地域での若手日系人(18~35歳)を対象に、意識調査を実施している。同法人によれば、世界規模で日系人に関する意識調査が行われるのは初めて。日系人を「移住した日本人の子孫」と定義し、国策移住者の子弟のみならず、海外赴任や国際結婚により移住した日 […]
  • 大耳小耳2019年1月11日 大耳小耳  ジャパン・ハウスは、新展示「犬のための建設(Architecture for […]
  • 大耳小耳2019年1月10日 大耳小耳  俳誌『蜂鳥』344号が刊行された。《思ひ出せぬまま初夢の失せにけり》(富重かずま)は、皆に心当たりのある体験。《忘れてたお金見つかる春の服》(伊藤みち子)は、仕舞う前に洗濯をしていたら紙幣がバラバラになっていたかも。《春霞喉元過ぎてラヴァジャット》(高橋紫葉)では、春が来てポ […]
  • 大耳小耳2018年12月11日 大耳小耳  第59回海外日系人大会(6月6日~9日、米国ハワイ)の報告書を見ていたら、カナダ日系文化センターの五明明子さんが「日系プレース」というユニークな施設の説明をしていた。バンクーバーのほぼ中心部にあり、3エーカー(約1万2千平米)の土地に、日系文化センター、博物館、シニア向けの集 […]