ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年9月19日

 純米大吟醸から柚子酒まで、様々な日本酒が並んだ食品見本市。大和商事の見目朋実さんによれば、「日本酒は、味がいいのは当然ながらデザインが重要」。飲んだ後に瓶を飾りたいという店や客も多く、渋いデザインよりも、カラフルな瓶や浮世絵など和風な柄つきの瓶が人気という。特に、プレゼント文化が盛んな当地では箱入りが重宝されるとか。出品商品の中には、日本酒には珍しい、レバーで開け閉めできる瓶を採用した蔵元も。
     ◎
 毎日新聞の報道によれば、亜国ブエノスアイレス近郊にあるフロレンシオ・バレス市では8日、地元で開催される『日本祭』で、東京五輪の開催決定を万歳三唱で祝った。掲載された写真を見ると、「2020年東京オリンピック開催 おめでとう!!」と書かれたファイシャを手に、老若男女が歓声を上げている様子が分かる。亜国の日系社会関連では、このほかにも五輪開催決定を喜ぶニュースが数多く見られた。一方で、当地では全くと言ってよいほど聞かなかったのは何故だろう。何となく寂しいもの。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2018年11月10日 大耳小耳  薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんが日本移民110周年を記念し、聖市で演奏会を行う。11日午後4時半からサンパウロ市立劇場、入場料は20~10レ。15日午前11時からはイビラプエラ公園内の日本館で演奏する。櫻井さんは2015年度の文化庁文化交流使。同年も伯国各地で演奏会を行なった。 […]
  • 大耳小耳2018年10月27日 大耳小耳  熟年クラブ連合会が発行する『ブラジル老荘の友』は、タブロイド版4ページだが中身が濃い。炭坑節の替え歌《うちの娘は よその嫁 ヨイヨイ/よその娘がうちの嫁 三千世界を歩いても/死に水とるのはうちの嫁 サノヨイヨイ》も傑作だが、チャチャチャ・バンブーの歌(「おもちゃのチャチャチャ […]
  • 大耳小耳2018年10月20日 大耳小耳  正派ブラジル筝の会・生田流正派は昨年、8人の会員で日本の国立劇場で行なわれた唯是震一三回忌追善演奏会に出席し、「酒歌」の演奏に参加したとか。伯国からの参加に、日本の家元も喜んでいたそうだ。「酒歌」は本演奏会でも発表される。また、北原会長が教えた名取3人の生徒は本演奏会初参加だ […]
  • 大耳小耳2018年10月19日 大耳小耳  「高齢者向けに日本語でスマフォやタブレットの使い方を教えてくれる講座があれば、利用者はかなりいるかも」などと思いつき、ネット上で探していたら、聖市文協が「DIGITALIDADE - inclusão digital para a terceira […]