ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月8日

 「西洋の科学」への過剰な信仰に怒れる安田喜憲教授。東日本大震災の時、地球物理学は地震を予知できなかったばかりか、地震予知連絡会会長が「今の地震予知のレベルでは、今日なのか30年後なのか、300年後なのかもわからない」と公言したことに対し、「国民の税金を使って研究しておいて、そんなことを平然と言える神経が問題だ」と怒り心頭だ。地震予知の世界にも、新風が吹き込まれる日も近いか。

     ◎

 「地球規模の大変動は1万年前に起こった」という定説を覆した安田教授。ブラジル日本会議を通して、先月刊行した『一万年前気候大変動による食糧革命、そして文明誕生へ』(280頁、イースト・プレス出版社)は当地に船便で配送するという。一般向けで読みやすい内容とのこと。購入希望者は氏名、住所、電話番号を同会議(電話=11・3271・6304、メール=nipponkaigibrasil@uol.com.br)まで連絡を。

     ◎

 産経新聞ウェブ版の報道によれば、一時は2万近い数字にまで上っていた静岡県浜松市のブラジル人口が、2008年に起きたリーマンショックによる不景気の影響により、2012年末時点で1万人を切るまでに減少した。記事の中で専門家は、「トヨタ自動車の愛知県三河地方や富士重工業の群馬県、マツダの広島県に流れている」と分析。富士重工やマツダは国内生産比率が高く、円安による輸出採算性の改善を受けて輸出を増やしており「両県などでは期間工の奪い合いになっている」とか。ブラジル人の減少が、工業の街として栄えた浜松の凋落をそのまま表しているようで、地元出身の記者としては寂しい限り。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2013年5月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月16日  平野所長によれば、マルシアは「ブラジルが日本からも注目されるようになり、彼女自身もそれ関係の露出が増えている。これを機に『日伯の文化交流の懸け橋になる』との思いが強いようです」。昨年9月には、三菱自動車ショールーム内で開かれた「太陽の国ブラ […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇2019年1月31日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(上)=忘れられない津波の悲劇  【岩手県山田町発】2011年3月11日に発生し、東北に大きな傷跡を残した東日本大震災。震災発生から2か月後に本紙記者が、ブラジル岩手県人会の賛助会員が住む岩手県山田町を訪れ、その惨劇を報じた。それから約8年――昨年12月に再び山田町に足を運び、人々の生活や町の変化を取 […]
  • 援助の感謝と支援求め=被災3県からメッセージ2016年3月12日 援助の感謝と支援求め=被災3県からメッセージ  岩手、宮城、福島県人会が中心となり開催した『5周年追悼復興祈願祭』。開催にあたり、3県の知事から復興状況を報告するメッセージが寄せられた。追悼の意を込め全文を掲載する。復興事業、着実に進展=10月に46年ぶり国体控え=岩手県知事 達増拓也 本日、東日本大震災5周年追悼復興祈願 […]
  • 2011年11月9日 厚労省=厳しい日系人の安定雇用=外国人雇用対策課=山本課長が現況を説明=人気高い「就労準備研修」=日語教育ふくむ職業訓練を ニッケイ新聞 2011年11月9日付け  厚生労働省職業安定局・外国人雇用対策課の山本麻里課長がCIATE(国外就労者情報援護センター)主催のコラボラドーレス会議に参加するため来伯、4日午後に記者会見し、在日日系人の雇用状況や日本政府の対策について概略を説明した。 […]
  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]