ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月19日

 サンパウロはようやく、これから暑くなる。寒い日々も過ぎてみれば、わずかな時間。まだ朝夕は冷え込む9月、心を温めてくれたいくつかの言葉を紹介したい▼「会員皆が納得している前向きな合併」。アチバイア市内にあるウジーナ文協が、アチバイア文協に吸収合併されることが6月に決まった。おりしも野球場建設を進めているア文協に、所有する土地の売却金を提示して話を持ちかけた。カープで活躍した玉木エンリッケ、アンドレ・リエンゾ選手などの人材を輩出する同地だけに、今後の野球王国の建設に期待したい▼「教育に尽くした彼女に感謝」。コロニアに多くの式典あれど生誕110年を祝うのは寡聞にして知らない。現在約800人が通う「赤間学院」の創立者、赤間みちへさんの遺徳を偲ぶ式典に約200人が集まった。「どこに行くにも一緒。髪を巻いてあげていたのが懐かしい」という90歳の友人の言葉に古き良きコロニアと、みちへさんの良質な人生を思った▼「両国の繋がりを知ってほしい」。二世の秋山芳郎さんが両語で本を出版した。日語では、移民、日系人を通したブラジルを知ってほしいという思いを込め、ポ語では、ルーツを知ってほしいと移住の歴史にも触れた。我々編集部も出版事業に力を入れているが、こうした個人の思いには頭が下がる思い▼「人生をより良いものにするための哲学」。剣舞をしっかり紙面で紹介することがなかった世界。取材に訪れた記者は、非日系人が担い手の中心になっていると知り驚いた。世代を超え、広がる日本文化の力を改めて感じる。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 「マイノリティはついて来い」の限界2018年12月7日 「マイノリティはついて来い」の限界  12月2日、サッカーの全国選手権で優勝したパルメイラスの最終戦で、現在の伯国を象徴する出来事が起こった。この日は同チームのファンを公言するジャイール・ボウソナロ次期大統領がチームの経営陣に招待された。同氏は、試合後にグラウンドに降り、優勝の記念写真に収まるは、優勝杯を […]
  • 自国第一主義は結局ソン?2018年12月6日 自国第一主義は結局ソン?  1日に、G20首脳会議の首脳宣言で「保護主義と戦う」の文言が初めて削られたと聞き、自国第一主義台頭への危惧感を再び感じた▼自国第一主義台頭への警鐘は、第一次世界大戦終結100周年のマクロン仏大統領の演説でも鳴らされた。だが、11月17~18日開催のアジア太平洋経済協力会議で首 […]
  • 東西南北2018年12月5日 東西南北  昨日付本欄で、2日にジャイール・ボウソナロ次期大統領がパルメイラスの今季最終戦を観に行き、チームと共に優勝を祝った話を報じたが、3日はその際に起きたもう一つのことで盛り上がっている。それは優勝メダル授与式で、パルメイラスのフォワード、ウィリアンがメダルを受け取った後、目の前に […]
  • エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ2018年12月4日 エドアルドよ、グローバル時代の演歌をうなれ  「日本で活躍するブラジル人」という言葉は、死語に近いと思っていた。日産のカルロス・ゴーンはブラジル人としては別格的な存在だったが、先日逮捕された。とはいえ、普通の日本の日本人にとっては、「フランス人」の印象の方が強かったのではないか。  かつて20人近くのコロニア力 […]