ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年9月27日

 26日朝のNHKで、東日本大震災後に被災者達を受け入れた福島県会津若松市の事を報じた。会津若松は震災による被害がさほど大きくなかったため、被災地に行って支援する事も考えていたが、福島第一原発の事故の故に現地入りを避け、被災者を受け入れて支援する事にした自治体の一つだ▼予想以上に集まった支援物資を保管する場所がなく、廃校となった学校の体育館を7カ月間使ったという話や、あの当時受け取った支援物資は今も手放せないという被災者の方の話を聞きながら、会津若松も壊滅的な被害を受けていたら、このような支援はなし得なかったのだなとも思った▼子供が病気になった時なども、自分の体調が悪くては面倒を見切れない。誰かが問題を抱えて悩んでいる時、自分自身が悶々とした状態では、相手の話を聞くのは不可能だ。そういう意味で先の番組は、常日頃感じていた、誰かを支援するためには自らの肉体的、精神的健康が(少なくともある程度)保たれていなければならないという事を再確認させてくれた▼東日本大震災から2年半が経ち、被災地の人々が震災の記憶が風化する事を恐れているという話も耳にするが、同じ様な恐れを抱いている人は世界各地に散らばっている。身近なところでは、20日からの雨で水害に見舞われたサンタカタリーナ州イタジャイ渓谷は2008年にも137人の死者を出しているし、リオ州山間部の水害被災地では今も住宅建設が終わっていない▼遠方に居て支援できない部分があるのは否めないが、隣人が助けを必要としている時に応じる事が出来る健康やゆとりを総ての人にと願うのは夢の夢か。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一2017年5月20日 《ブラジル》「ベストセラー作家・千葉勇の祖父の地の謎=家伝刻む石碑にあり得ない記述=宮村秀光氏訪日で判明=ブラジル宮城県人会会長中沢宏一  ブラジル日系文学アカデミーの会長でこの度の団長宮村秀光氏とは、日本・ブラジル歴史の勉強調査などで協力し合ってきている仲です。彼が訪日旅行する機会に宮城県石巻市、登米(とめ)市を訪問する計画を依頼され、県人会から宮城県庁、石巻市役所、登米市役所に受け入れを要請しました。 […]
  • 眞子さまご訪問は何をもたらすか2018年8月18日 眞子さまご訪問は何をもたらすか  宮内庁は8日、「ブラジルご訪問を終えてのご印象」として、眞子さまのお言葉をサイト上で公開した。10日間で5州14都市をご訪問されたなかでも、我々にとって最も感動的だったのは、皇族として初めてご訪問された平野植民地での出来事ではないか▼初期移民がマラリアで次々と斃れてい […]
  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • 3・11と日本の〝大本営発表〟体質2016年3月10日 3・11と日本の〝大本営発表〟体質  5年前の3月11日朝7時、いつものようにグローボ局ニュースをつけると、大津波の映像が流され「まるでSF映画だな」と客観的に見入っていたら、日本だった。驚いてネットで確認し衝撃を受けた。さらに翌日、グローボは原発爆発の映像を放送し、炉心溶解に言及していた。それを見て頭の中は大混 […]
  • 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提2017年5月12日 四世ビザ解禁に条件付き賛成/日本人並の高校卒業率達成が前提  11日付7面に掲載した共同通信記事「高齢者、外国人材の活用を=自民党の1億本部が提言」には、自民党の1億総活躍推進本部が、少子高齢化に伴って働き手が細っていく中、外国人材の積極的な活用を求める提言をまとめ、《日系四世への在留資格の拡大》を盛り込んだとあった▼つまり四世 […]