ホーム | 日系社会ニュース | 古里思い、60人が熱唱=山形民謡コンクール大盛況

古里思い、60人が熱唱=山形民謡コンクール大盛況

ニッケイ新聞 2013年11月2日

写真=最優秀賞に輝いた薮田さん(右から2人目)








 山形県人会(押切フラビオ会長)は創立60周年記念式典に先駆け、前日26日に「山形民謡コンクール」を開催した。県の民謡を歌って母県をアピールする目的で毎年行っており、今回は節目の第10回大会。さらに同県人会創立60周年を祝うコンクールとして山形本県から民謡使節団を迎え、会場となった宮城県人会館に約100人が来場した。
 一般の部として年代別6カテゴリーと、日本のコンクール経験者、歴代優勝者からなる優勝者の部の計7カテゴリーに分け、60人を超える出場者の歌唱が始まった。
 トップバッターを務めた最年長の纐纈蹟二さん(92、岐阜)は、歌唱を終え「スカッとした。ストレス発散になるし、カラオケと違い、民謡は三味線や尺八の生演奏があって良い」と、満足げな表情で話した。
 熱心にカメラで撮影していたのは、サンパウロ州在住の日下部久美子さん(68、徳島)と小林恵子さん(62、愛知)。「初舞台を踏む仲間もいて応援しています。ばっちり撮影できた」と話した。
 伴奏者として三味線を弾いたモジ民謡保存会の小松久仁子さん(71、福島)は「それぞれの演者に合わせて、音程やスピードを変えなければいけない。楽しく歌ってもらわないと」と意気込みを見せ、「まずまずの出来だったかな」と謙遜しながら笑顔で振り返った。
 午後には、同県大石田町から来伯した民謡使節団がゲスト出演。同町民謡研究会の木村里美さん(34)、芳賀清さん(65)らが花笠音頭、山形大黒舞、最上川舟唄などを鮮やかに披露し、90分に及ぶショーが終了した。
 審査の結果、一般の部を対象とした最優秀賞に、高年の部(50〜69歳)から薮田満知子さんが選ばれた。同県出身である芸術家の豊田豊さんから、自身が制作した彫刻トロフィーが贈られ、祝福ムードに包まれた記念大会が終了した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]