fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費

援協=前園次長が事務局長代理に=コロナ皆無だが施設で膨らむ経費

音楽体操を楽しむサントス厚生ホーム入居者ら(昨年9月撮影)

音楽体操を楽しむサントス厚生ホーム入居者ら(昨年9月撮影)

 日伯援護協会(援協、与儀上原昭雄会長)の足立操事務局長が70歳になったために、4月13日をもって定年退職した。それに伴って前園マルセリーノ武弘事務局次長(58、二世、ブラガンサパウリスタ出身)が「事務局長代理」に昇格した。
 コロナ禍の影響で足立元事務局長は、3月から長らく自宅待機の状態だった。前園さんはクアレンテナ中も出勤して通常の事務業務に加え、コロナ関係の電話相談もこなしている。
 前園さんは1999年3月に援協に就職し、最初は社会福祉部の受付として働きはじめ、事務局事務を経て、援協傘下の高齢者養護施設「サントス厚生ホーム」で住み込みのホーム長を1年半経験したという。
 「住み込みの部屋はお年寄りの部屋と隣でしたね」と懐かしそう回想した。12年に再び本部の事務局にもどり、次長になっていた。
 援協傘下施設のコロナ対策の様子を尋ねると、厚生ホームやイッペーランジアホーム、サクラホームなどの高齢者施設を初め、援協傘下の関連福祉施設からは、今のところ感染者は出ていないという。
 「3月から感染防止対策として、施設には入居者家族も含めた来訪者を入れないようし、施設職員は出勤時の手洗い・検温の徹底をおこなってきた。特にイッペーランジアホームでは、施設入り口に消毒シャワーの設置や靴裏の消毒、服の上にカバーをつけるなど厳重体制をとっている」とのこと。
 その中で、全施設職員にマスクやフェイスシールド、服カバーなどの感染防止衛生防具を配布し、その経費が膨らんでいるという。「マスクの値段がコロナ前の5倍になったこともありました」と振り返る。「福祉施設は元々赤字だったが、コロナで更に経費が膨らんでいる状態だ」と説明した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年10月24日 東西南北  23日、ブラジルのメディアはどこも、「サッカーの王様」ペレ一色だった。それは、この日がちょうど、節目となる80歳の誕生日だったためだ。そのため、ブラジルの新聞やサイトは写真で彼の選手時代の栄光の瞬間を振り返ったり、彼のゆかりの地を紹介したり、現在の名選手との比較をしたりなど、 […]
  • 東西南北2020年10月20日 東西南北  先週、ブラジルの話題を独占したのはシコ・ロドリゲス上議だった。やはり、連邦警察が家宅捜索にふみこんだときに「パンツに賄賂と思しき大金を隠していた」という珍事は相当なインパクトがあった。そのため、ネット上では「これぞ、本当に汚い金」「警察は臭い金を“資金洗浄”しなければ」などと […]
  • 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要2020年10月20日 本門佛立宗=茨木日水上人50回忌決起大会=ブラジル仏教初祖の日制定祝う=11月にリンス大宣寺で法要  サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区のブラジル本門佛立宗(HBS)の中央寺院日教寺(高崎日現ブラジル教区長)は18日、茨木日水上人50回忌決起大会と、笠戸丸移民である同上人が「僧侶」としてブラジル上陸した6月18日を「ブラジル仏教初祖の日」(Dia do […]
  • 東西南北2020年10月17日 東西南北  ファビオ・ファリア通信相が15日、新型コロナ感染症に罹患した事を明らかにした。同相はビデオの中で「1週間以上前に参加した夕食会で感染したと思う」と語っている。この夕食会は、ロドリゴ・マイア下院議長とゲデス経済相の間の関係を修復するために連邦議員達が計画したもの。同相は14日に […]
  • 東西南北2020年10月16日 東西南北  サンパウロ市の市長候補で、現時点の世論調査で支持率トップのセルソ・ルソマノ氏が、13日に開かれたサンパウロ州商業協会の会合で、「クラコランジア(麻薬常習者の密集地区)の路上生活者は入浴しないからコロナに対する抵抗力がより強い」と発言し、物議を醸した。入浴とコロナへの抵抗力との […]