ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月2日

 レジストロ地方百年祭では2人のブラジル人が顕彰された。日本人だけの団体が許されなかった勝ち負け抗争の真っ最中、1947年に創立されたレジストロ・ベースボール・クラブ初代会長を務めたシゼナンド・デ・カルバーリョ、そして初代幹事長ジョナス・バンクス・レイテだ。父の代わりに受けった息子ロランド・カルバーリョさん(80)は、「スルプレーザ(驚いた)だ。父と日系人との友情の厚さを確信した」と喜んだ。このような地元ブラジル人との融和こそが、日系団体永続の秘訣のようだ。
     ◎
 山形民謡コンクールに最年少で出場したのは、タウバテ市在住の海藤洋平さん(26、三世)。海藤三味線教室・海藤司代表の次男だ。父の影響で民謡を始め、大会では伴奏者としても奔走したが「歌はもっと練習しなくちゃ」。母の晶子さんも優勝者の部で出場し、見事3位に輝いた。姉の紀世さん、司さんの甥にあたる赤堀雄三さんなども、大会運営に汗を流した。創立60周年式典にも携わり、海藤ファミリー大活躍。
     ◎
 先月27日に創立60周年式典を迎えた山形県人会だが、同県の吉村美栄子知事ら慶祝団一行はパラグアイへ。1983年に発会した同国の県人会創立30周年の祝福に20人が駆けつけた。鮭川村議会副議長の荒木京子さん(65)が民謡を披露し、現地青年による花笠踊りも行われたとか。諸外国の盛大な式典で伝統芸能を披露し、母県のアピール、親睦活動にとっても良い機会となった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2011年12月2日 第6回=亜国=終戦5カ月前まで日語報道=最終ニュース「慶良間侵攻」 ニッケイ新聞 2011年12月2日付け  亜国からは今回、最多の200人が参加した。大会取材3回目の『らぷらた報知』編集の崎原朝一さん(77、沖縄)は、「僕自身もう今回が最期かもしれないと思っている。一世はみな、そんな想いがあるから子や孫を連れてきた。だからこんなに人数が […]
  • 大耳小耳2013年2月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年2月1日付け […]
  • 秋篠宮殿下、ぜひノロエステご訪問を2015年9月23日 秋篠宮殿下、ぜひノロエステご訪問を  120周年を記念して秋篠宮殿下ご夫妻が10月末から来伯されるとの報道があった。誰がブラジル内のご訪問先を決めるのか知らないが、ノロエステに足を運ばれることを切に願う▼移民50周年の1958年に皇室として初めて三笠宮殿下ご夫妻が来伯された時、同地リンスを訪ねられた。沿道が移民で […]
  • 大耳小耳2016年7月23日 大耳小耳  リオ五輪チケットの追加販売が、21日昼から公式サイトで行なわれている。開・閉幕式などは人気が集ってすぐに売り切れたが、他の種目では残券がまだまだある。日系人が代表の卓球や、日本勢がメダルを取りそうなレスリングなど応援に行ってみては? サンパウロ市内ではショッピング・ウェスト・ […]
  • 大耳小耳2015年10月21日 大耳小耳  プロ野球ヤクルトに所属する松元ダニエル・ユウイチ選手(34)が19日、引退を表明したと日本の各紙が報じている。1980年、サンパウロ州アラサツーバ生まれの日系三世で、99年に日本へ野球留学。02年ヤクルトに入団した。引退後は当地での野球指導にも貢献してほしいところ。チームは2 […]