ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2013年11月2日

 中国は大きい。広大な領土を持ち、人口13億5000万人は世界一を誇る。このうち漢民族が92%を占め、残る8%が云うところの少数民族である。あのダライ・ラマ14世のチベットや新疆のウイグル民族など55の少数民族が、経済的な裕福さとは遠い慎ましやかな暮らしを送っている。核兵器や宇宙衛星を打ち上げ、総兵力210万人を擁し巨大な海軍を育てた国防予算も驚異的な伸び方をしている▼この「人民解放軍」は、中国の共産党一党支配を支える軍事組織でもあり、政治への影響力も強い。こうした武力を背景として少数民族問題に対処してきたが、これらの対策が成功したとは見なし難い。先日の天安門車突入事件が、中国政府の抑圧に抗議する政治テロであるのは明らかである。新疆ウイグル民族の決死の行動であり、習近平指導部に計り知れない衝撃を与えた▼中国は少数民族についての問題はない—としているが、これは事実とは異なる。チベットからのダライ・ラマ14世のインド亡命と亡命政権の樹立が何よりの証拠だし、チベット僧侶らの相次ぐ自殺も漢民族支配への抗議と見ていい。2009年から始まったチベット仏教の僧らの焼身自殺は今年の初めには100人を突破している事実は重い。新疆ウイグルの状況も酷すぎる▼あの地域で中国は原爆実験を49回も重ね、ウイグル民族19万人死亡の悲しい報告もある。札幌医科大学の高田教授(核防護学)のものだが、天安門突入には、こうした悲惨な出来事を訴えるの意味も込められていたに違いなく、苛政は虎よりも猛し—への激しい憤りでもあった。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • そして「彼」までも去って行った2019年8月16日 そして「彼」までも去って行った  「ついに『彼』までも離れてしまったか」。これが13日に、アレッシャンドレ・フロッタ下議が、所属の社会自由党(PSL)から追放処分を受けた際にコラム子が思ったことだ。そして同時にこうも思った。「ボウソナロ信者から離れるる人で一番やっかいなタイプはこういう人なんじゃないか […]
  • 今日は喜んでも明日は泣く?2019年8月15日 今日は喜んでも明日は泣く?  13日付エスタード紙に、「今日喜んでいる農業生産者は、明日泣く事になる」という題の記事が出た▼ブラジル農牧業連合元会長で、元農務大臣のカチア・アブレウ上議の言葉だ。下議時代のアブレウ氏は農地開発を積極支援し、環境保護には反対の立場だった。故に、農牧業や鉱業発展のためにアマゾン […]
  • 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア2019年8月13日 大統領選に立候補?〝中国愛〟を告白したドリア  10日(土)付エスタード紙は実に興味深い紙面になっていた。論説がのるA2面のトップ寄稿に、ジョアン・ドリア聖州知事が思いっきり〝中国愛〟をぶちまけていたからだ。  いわく《1万6千キロの距離、11時間の時差。サンパウロと北京の間にあるこの地理的障壁を越えて、今週、聖 […]
  • 改めて痛いカンポス不在の5年2019年8月9日 改めて痛いカンポス不在の5年  来週の木曜、13日でエドゥアルド・カンポス氏が飛行機事故でこの世を去って5年となる。そして、伯国政界での彼の不在の痛さを改めて痛感せざるを得ない日々が続いている▼それ以降に起きたことがあまりに激動の連続だったために、もう今となってはかなり古いことのようにも思われるので […]