ホーム | コラム | 樹海 | 灯台もと暗し

灯台もと暗し

 「姪っ子がブラジルに初めて来るので会ってやってほしい」と知人に頼まれた。写真をやっていて日系社会に興味があるという。何を話せるか分からないが…と引き受けた。実際に会ってみると、漠然と日系社会を見てみたい―といった様子。焦点が絞られていれば、具体的な話にもなるのだが▼話はあちこちへ飛び、結局彼女自身の話に落ち着いたのだが、聞きながらこちらが身を乗り出した。自分の亡くなった母親が某移住地で幼少期を過ごし、ブラジル各地を転々としたことを記した日記を読んだことが今回の訪問を思い立ったきっかけだという。しかも叔父や祖母もまだブラジルに住んでおり、祖母は満州帰り。九州で炭鉱離職者となり、ブラジルへ移住している▼上野英信の本を勧めつつ、まずは自分の家族の来歴を調べたらいいのではないか―と初めて助言らしいことがいえた。移民船が神戸から出たことも知らない彼女も、実は自分の家族自体が日系社会を知る最高の手がかりだということに思いが至り叔父や祖母の住む町へと帰っていった。不思議なもので、探しているものは近くにあったりするのだ▼ふと親しくしていた戦後移民のことを思い出した。博学で学ぶことも多く自宅に足しげく通っていた。孫とも言葉を交わすようになったのだが、日本語が上手い。しかし独学で勉強しており照れもあったのだろう、祖父とポ語で会話していたので「なんと勿体無い」と日本語で話すことを勧めた。「最後に孫と日本語で語り合えた」と、病床で目を潤ませていたことが懐かしい。彼女も祖母から何かをつかみ、また戻ってくるだろうか。    (剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 22年大統領選のカギを握る男2020年2月7日 22年大統領選のカギを握る男  米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。  ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権 […]
  • 失敗を再発防止に活かせ2020年2月6日 失敗を再発防止に活かせ  1月29日、以前から予定されていた手術を受けるべく、入院した。だが、入院当日の朝の問診で、手術の5日前に止めるべき薬があったのに指示し忘れていたというミスが発覚。同日夜、手術は延期された▼日本にいた時勤めた会社では品質管理のためのサークル活動が盛んだった事もあり、翌日 […]
  • 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を2020年2月4日 日伯修好125周年で「日伯200周年基金」を  日伯修好125周年を記念して、「日伯200周年基金(Fundo de Bicentenario […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]