ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月12日

 ビギンのアニェンビー初日公演で、ステージのまん前に陣取り、手製の横断幕を手に声援を送っていた新城安広さん(65、沖縄)。「2年間ずっと待っていた」と満足の面持ち。自ら主宰する三線を使ったバンドのメンバーらと来場した。そこでボーカルを務める国吉裕治さん(18、三世)も「8年前に『島人ぬ宝』を聞いてからずっとファン。自分のルーツ沖縄について考えるようになったきっかけ」と興奮した様子。ビギンの歌で、当地のカラオケでよく歌われるのは、何といっても『島人ぬ宝』と『涙そうそう』。当地初お披露目となったブラジル移民の心情を歌った『帰郷』も、今後、その仲間入りをするか?
    ◎
 キリンホールディングス(HD)が当地のビール事業に約150億円を投じ、北東部の工場の生産能力を2倍程度に引き上げる。日本経済新聞などが報じた。HDは2年前に当地の大手スキンカリオールを買収したが、更に成長が見込めるため他の生産拠点を増強し、販売エリアを拡大する方針とか。当地にはあまりない「ビル屋上のビアガーデン」などを作って日本式の飲み方を紹介するのもいいかも。ただし、電信柱や電車の中に吐くような「日本式泥酔法の伝授」はご法度か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 昨年12月11日に迎えた110歳の誕生日2014年2月11日 コロニア最高齢 上地マツさん逝去=110歳で大往生 ニッケイ新聞 2014年2月11日 コロニアの最高齢、沖縄県名護市真喜屋出身の上地マツさんが1日午後10時過ぎ、老衰のため逝去した。享年110。97歳までゲートボールを続け、100歳を超えてもニッケイ新聞に目を通すのが日課。医者には「治すところがない」と言われる長寿者の見本 […]
  • 2013年11月30日 ビギン=計3300人が歌声に酔いしれ=盛況のうちに3公演終了=移民の心情「帰郷」熱唱=「ただいまブラジル!」 ニッケイ新聞 2013年11月12日 写真=気持ちのこもった歌を披露する比嘉栄昇さん(初日、アニェンビー会場で) […]
  • 2011年12月24日 第21回=国境を超える芸能の力=民族的〝武器〟としての歌 ニッケイ新聞 2011年12月24日付け  西銘知事がアトランタの県人から歓迎され、一緒にカチャーシーを踊り、芸能という〃儀式〃を通して喜びを共有することから大会が始まったことを第17回で説明した。このように沖縄では芸能が日常生活に生きており、時代に合わせて姿を変えて生き […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]