ホーム | 日系社会ニュース | 東工大=清水名誉教授が公演=「自分の常識を打ち破れ」=青年の柔軟な発想に未来託す

東工大=清水名誉教授が公演=「自分の常識を打ち破れ」=青年の柔軟な発想に未来託す

ニッケイ新聞 2013年11月19日

写真=「研究には愛のある動機が重要。金儲けが先に来ると長続きしない」と熱く語った清水教授










 在サンパウロ日本国総領事館(福嶌教輝総領事)は4日、サンパウロ州立総合大学工学部校舎で、東京工業大学の清水優史名誉教授を招いた講演会を開催した。日本政府文部科学省国費留学生同窓会(ABMON)との共催で、同会の20周年を記念したもの。
 講演テーマは「自由に発想することの大切さ—ロボコンの現場から」。前半は、日本のロボット研究の事例として、本田技研工業が開発した二足歩行ロボット「ASIMO」を、動画を交えながら紹介。障害物を避けて歩行出来るメカニズムなどが説明されると、集まった約90人の観衆は感心した様子を見せていた。
 「これからの世の中について話したい」と始まった後半は、第2次大戦後から人口が大きく増え、食料や金属、エネルギーの消費も急増してきたことを図示。これを「人の力を豊かな生活のために注ぎ込めるようになったから」としながらも、現状が続くと深刻なエネルギー、物資不足が起こることを説明した。
 「新たなアイデアがなければ今の平和な世の中は続かない。若い世代のこれからにかかっている」と警鐘を鳴らす清水教授。「経験則に基づいた考えからは柔軟な発想は生まれない。いかに自分の中の常識を打ち破れるかが鍵」と話し、スーパーボールや卵、糸巻きを使った実験を通して、「経験から見える事象がその物事の全てではない」「可能性を否定しない」ことの重要性を説いた。
 終演後には多くの質問が寄せられ、盛況のうちに幕を閉じた。特別招待されたエドゥアルド・ゴメス高校(サン・カエターノ・ド・スル市)の生徒の一人、カマダ・ニコラスさん(15、三世)は「航空工学に感心がある。本当に面白かった。良いアイデアを提言できるようになりたい」と目を輝かせていた。
 生体工学、医療工学が専門の清水教授は、同様のテーマの講演を国内外で50回以上行っており、ブラジル訪問は4回目。本紙の取材に対し「未来を担う若者たちにとって、少しでも役立つものになれば」と語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も2015年12月30日 文協が創立60周年の節目=サンパウロ市400年祭委員会を発端に=59の個人・団体の表彰も  1955年の発足から60年―。ブラジル日本文化福祉協会(呉屋春美会長)が創立日である17日、創立60周年を祝し文協ビルで記念式典を行なった。招待客ら600人以上が出席し、還暦の節目を祝った。 文協の前身は、54年に発足したサンパウロ市制400周年祭の日本人協力委員会。移民50 […]
  • 想定外?!イトゥアーノ優勝2014年4月16日 想定外?!イトゥアーノ優勝 ニッケイ新聞 2014年4月16日  Deu Zebra!(予想外の活躍)との見出しがあちこちの新聞に踊った。ソロカバ近郊のイトゥアーノ(IT)がサントスに勝って優勝したサンパウロ州選手権のことだ。サッカー評論家ソルマニはブログに《ジュニーニョ(IT会長)は全伯のクラブ会長の前 […]
  • 作品の一例2014年2月19日 武蔵野美大が『交流展』=展覧会、ワークショップも ニッケイ新聞 2014年2月19日 武蔵野美術大学(東京)が、サンパウロ市のアトリエ・フィダウガ、デコ画廊とともに26日から約2カ月間、サンパウロ州で文化交流プロジェクト『表現の両局/Sintonias […]
  • 歴史に残る近代の知識人=マリオ・デ・アンドラーデ=伝記が出ない理由は?=(1)=ブラジル民俗研究に献身2013年11月30日 歴史に残る近代の知識人=マリオ・デ・アンドラーデ=伝記が出ない理由は?=(1)=ブラジル民俗研究に献身 ニッケイ新聞 2013年11月22日  未だ伝記に書かれていないブラジルの偉人は誰だろうか?——。 こんな出だしで、21日付フォーリャ紙のカルチャーページのトップ記事は始まっている。 […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月8日  W杯を来年に控え、今年のサッカー界は「天国と地獄は隣りあわせ」を地で行く展開だ。例えば昨年末に日本で開催されたクラブチーム世界一決定戦で見事な粘り勝ちを見せたコリンチャンス。昨年はチテ監督の情熱的な指導の下、スター選手不在でもチームワークを […]