ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月23日

 画家の若林和男さんによれば、やはり「日本美術界は日本社会の縮図」とか。絵そのものの良さより肩書きが物を言うので、「芸術院(文化庁の特別機関)の会員になると、海外では名も知られていない人の絵が1枚1千万円に跳ね上がる。日本で絵が売れているのは、この会員含めた20人くらい」とのこと。間部よしのさんも「日本に比べたらブラジルは極楽」と全く同感のよう。富江さんが肩をすぼめて「もう帰りたくない」と言っていたのもわかる気がする。携帯電話技術などが日本だけが独自の方向で発達し、世界に広がらない様子を「ガラパゴス化」というが、芸術界でも同じ?
     ◎
 ラーモス移住地にヘリコプターで到着したという三輪昭大使。同地文協関係者によれば「大使の当初の予定は車中移動8時間、滞在2時間で昼食はわずか30分。もう少しゆっくり見ていただきたい」と、州政府に準備を依頼したもの。同州が豚肉の日本売り込みに成功した後というタイミングもあり、州政府のヘリ使用が許可されたとか。当地マスコミで最近記事になるような公費乱用ではないのであしからず。次は同州からの日本への牛肉輸出も解禁になるか。
     ◎
 南日伯援護協会ニュース11月号によれば、森口幸雄会長(医師)は40年前から南大河州の巡回診療の手伝いをしており、1971年に診察した6歳の〃可愛い坊や〃が現在は48歳の立派なお父さんになり、《優秀な社会人、職業人になられているのを目の当たりにして歓喜に満たされました》と書いた。さらに80代、90代の血圧、血液検査の結果が予想よりずっと良くて、《大きな喜びと慰めになった》とのこと。これも森口医師らの指導のおかげか。最後に同医師の格言《健康長寿は天から降ってきません。理性と犠牲と努力で達成を》。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]
  • 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ2020年8月20日 桑名良輔在サンパウロ総領事が着任=「皆さんに早くお会いしたい」=収束後、地方日系団体訪問へ  在サンパウロ総領事館に総領事として8月7日に着任した桑名良輔氏(神奈川県、58歳)は17日にオンライン取材に応じ、ブラジル日系社会の役割と世代継承への側面支援を強調し、日系社会との更なる連携強化について「皆さんに早く直接にお会いしたい」と熱く語った。  桑名総領事は […]