ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年11月28日

 大竹富江さんの取材で聞こえてくるのは、ほぼ賞賛ばかりだったが、中にはこんな風に語る人もいた。「インスティチュートができてから、とくに名前が大きくなったイメージがある。インスティチュートも日系画家の展覧会をしてくれればいいけど、ほとんどブラジル人。大竹さんも日系の画家がいたからこそ、これだけ有名になったのに…」と。戦後移住した芸術家で、コロニア画壇を盛り立てようと努めてきた功労者だ。彼は、息子二人が彼女の名前を押し上げていることを強調しつつ、「我々と同じようでいてほしいよね。作家として一緒に展覧会したり、仲良くしようよ」と誰にともなくつぶやいた。富江さんという存在自体が一つの〃独特〃な作品なのかもしれない。
     ◎
 東京五輪が日本経済に与える影響について講演を行った竹中平蔵氏によれば、先月末時点の日本の平均株価は、昨年同時期と比較すると61%の上昇を見せており、これは80年代後半のバブル並みの水準だとか。ちなみに他国と比較すると、中国が5〜10%、アメリカが18%の上昇、ブラジルが数%の下降となっており、群を抜いた数字。日本は震災や放射能汚染の問題もあって元々が低すぎたという見方もできるが、安倍政権が近年にない結果を出したのは事実。まだまだ不安なニュースも多いが、これからの手腕に期待したいところ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2017年12月27日 コロニア10大ニュース=華やかにJH開館、芸能人来伯=110周年開始が秒読み!  新年はいよいよブラジル日本移民110周年だ。「来年」といっても、実際は来週月曜日に開始だ。2017年はブラジル社会においては政治的にも経済的にも難問山積、政変続きの年だったが、コロニアにとってはむしろ、JHが開館して入場者が50万人越え、有名な芸能人が次々に来伯、JRパスの期 […]
  • 元大臣竹中氏が安倍政権評価=経済好転や改革の機運語る2016年11月26日 元大臣竹中氏が安倍政権評価=経済好転や改革の機運語る  サンパウロ大学で16日、2016年日伯国際シンポジウムが開催され、小泉内閣下で総務大臣などを歴任した竹中平蔵氏(慶応大学名誉教授)が講演した。ブラジル日本研究者協会(SBPN、仁井山進会長)が招聘し、『日本経済とアベノミクス』をテーマに語った。 […]
  • 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢2017年11月25日 《ブラジル》アリアンサ=竹中平蔵慶応大名誉教授講演会=日韓北を取り巻く政治経済情勢  アリアンサ(日伯文化連盟、大城幸雄理事長)は、慶応大学名誉教授の竹中平蔵氏を招聘し『日本、韓国、北朝鮮を取り巻く政治経済情勢』をテーマに講演会を17日、ピニェイロス文化センターで開催した。同連盟61周年記念事業の一環。会場となった同センターの宮坂国人講堂には約100人 […]
  • 竹中平蔵元総務相が講演=120周年記念セミナー2015年12月12日 竹中平蔵元総務相が講演=120周年記念セミナー  外交120周年の記念セミナーが11月12日、聖市議会で行われ、慶應義塾大学教授で経済学者の竹中平蔵氏が講演を行った。竹中氏は自身が内閣府特命担当大臣や総務大臣を歴任した、小泉純一郎政権から現安倍晋三政権までの日本経済の概要を振り返った。 特に成長戦略の一環として進められる「国 […]
  • 元総務大臣が再来伯=竹中平蔵氏講演、16日2016年11月9日 元総務大臣が再来伯=竹中平蔵氏講演、16日  元総務大臣で現在慶應義塾大学の名誉教授などを務める竹中平蔵氏を招いた講演会が、16日午前9時半からサンパウロ州立総合大学内の講堂(Auditorio Istvan Jancso)で行われる。入場無料、進行は主に英語。 […]