ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2013年4月6日

 本日6面掲載の記事「笠戸丸移民、再会の春」は、戦後移住60周年を記念し、海外日系人協会などが主催する「ブラジル移住者里帰り訪日使節団事業」で古里広島を訪問した吉賀英行さんを、地元紙「中国新聞」が取材したものだ。広島ではテレビ局も取材を進めているとか。移民県である広島で、ブラジル移住の歴史が知られるのは喜ばしい。他県のメディアも取り上げたろうか。
                       ◎
 西森ルイス議員がかかわる「プロサバンナ事業」だが、昨年末から何人かの環境活動家が「アフリカの土地を外国人が開発すべきではない」という抗議をし始めているとか。関係者としては思わぬ方向からのハードルだ。そこで、現地から人を受け入れて研修をさせるという方向性に変え、より慎重に進めることにしたそう。「研修生を受け入れる形にしたほうが、ブラジル人との繋がりもできるし、問題が少ないと思う。時間をかけてやっていきたい」と西森氏。                               ◎
 長年の調査の集大成、著書2冊を刊行した細川周平氏。「移民史料館にあるものは全部目を通した」そうで、「感謝のつもり」と史料館のTシャツを着て登場。百年の文芸史を追うのは大変な作業だっただろうが、「書き始めたら止まらなかった」。貴重な移民史の資料がまた一つできた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 大耳小耳2017年12月15日 大耳小耳  国際交流基金が、2018年カレンダー作成にあたり応募していた絵画コンテストの結果が、このほど発表された。ブラジルの小中高等学校で、日本語を学ぶ生徒を対象に、17年前から行ってきた同コンクール。18年カレンダーは「ブラジル日本移民110周年 共に!」をテーマに行われ、全伯43校 […]
  • 大耳小耳2017年7月1日 大耳小耳  日本のニュースサイトによると、静岡県浜松市でブラジル五輪チームの合宿が行われる予定だ。今月8~12日にもブラジルの柔道代表選手が合宿をしたとのこと。ほかにも、浜松市は水泳、バレーボール、卓球の事前合宿を誘致しているとか。浜松にゆかりのあるブラジル人選手といえば、柔道家のダニエ […]
  • 大耳小耳2015年10月27日 大耳小耳  沖縄出身の夫婦が営む東洋街のカラオケ居酒屋「ちから」が、9月末から閉店している。夫婦が永住帰国したためで、常連客は「もうブラジルには戻ってこないかも。再開の可能性はすごく低い」と寂しげな声。2012年にはスナック酒場「つがる」も店じまいしており、かつてあった東洋街の活気も薄れ […]
  • 大耳小耳2015年11月18日 大耳小耳  本紙編集『未来へ継ぐ裔孫』(赤嶺園子著、沖縄タイムス刊)の日本語版はすでに当地では売り切れ、日本でしか手に入らない貴重なもの。でも、ポ語版(50レアル)はソール・ナッセンテ人材銀行(11・3208・2944)で販売中だという。沖縄県人会が総力を挙げて昨年発刊した記念誌『写真で […]