ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2013年12月6日

 メンサロン事件の主犯として服役中ながらも昼間外出許可を活かす形での労働を望み、ブラジリアのホテルから月給2万円で働く契約を交わして世間を驚かせたジョゼ・ジルセウ氏。現在、裁判所の許可待ちの状態だが、刑執行裁判所は許可を出さないであろうと言われている上に、最高裁判事たちからも「置かれている状況がわかっていない」「要注意だ」と言われる始末だ。ジルセウ氏は今度は刑務所内からの自身のブログに投稿する許可を求めていて、さらに新聞や雑誌を読む許可も求めているという。刑務所内での「知る権利」は保証されてはいる。だが、「受刑者としての意識」は果たして?
     ◎
 4日、サンパウロ市南部サントアマーロにある駐車場で従業員同士の喧嘩に端を発する殺人事件があり、マノブリスタのマルコス・クリスチアン・デ・メロさん(37)が頭に銃弾を少なくとも2発受け死亡した。同僚の証言によると犯人は同駐車場の責任者で、この責任者が風で吹き飛んだマルコスさんのテレビのアンテナをゴミ置き場に捨てたことにマルコスさんが激怒し、喧嘩になったという。現在、責任者は車で逃亡中。この2人は親友だったという。
     ◎
 4日、パカエンブー・スタジアムで行われた南米杯決勝の対ラヌース戦第1試合で、ポンテ・プレッタは先制された試合をなんとか追いついて1—1で引き分けた。第2試合は11日に敵地アルゼンチンで行われるが、ポンテは勝つか、引き分けでも2点以上取れば優勝となる。全国選手権は残念ながら来季2部降格だが、優勝すれば創立113年で初タイトルだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2014年4月2日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月2日  メンサロン裁判で有罪となった受刑者の中には、実刑が8年を下回ったことで昼間外出(セミ・アベルト)が認められ、その間に勤務している人もいるが、共和党(PR)元党首のヴァルデマール・コスタ・ネット氏をはじめ、何人かの受刑者に規定違反が見られている […]
  • メンサロン=ピゾラット被告を逮捕=潜伏先のイタリア北部で=弟になりすまし現行犯容疑=伊国入国もスペインから2014年2月7日 メンサロン=ピゾラット被告を逮捕=潜伏先のイタリア北部で=弟になりすまし現行犯容疑=伊国入国もスペインから ニッケイ新聞 2014年2月7日 メンサロン事件で実刑判決を受けたが、二重国籍者であることを活かしてイタリアに逃亡していた元ブラジル銀行マーケティング担当理事のエンリケ・ピゾラット被告が5日、イタリア北部のマラネロで逮捕された。今回の逮捕で、35年前に他界した弟に身分を偽証し […]
  • コラム 樹海2013年11月30日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年11月19日  チリ大統領選挙が決選投票にもつれ込んだ。軍政下の拷問で父を失い、自分も拷問を受けたミシェル・バチェレ氏は、幼少時には一緒に遊んだ仲のエヴァリン・マッテイ氏と女性同士の選挙戦を12月まで続ける▼日本なら第2次世界大戦の前後で時代を分ける事が […]
  • メンサロン=ピゾラットの処遇は?=二重国籍活かし伊国逃亡=検察は身柄引渡要求も難航=年金の受取り問題も浮上2013年11月30日 メンサロン=ピゾラットの処遇は?=二重国籍活かし伊国逃亡=検察は身柄引渡要求も難航=年金の受取り問題も浮上 ニッケイ新聞 2013年11月22日  連邦検察庁と最高裁は、メンサロン裁判の刑執行を逃れるべくイタリアへ逃亡した元ブラジル銀行マーケティング担当理事のエンリケ・ピゾラット被告の身柄引渡をイタリア側に求めているが、同国側が難色を示している。19〜21日付伯字紙が報じている。 […]
  • 東西南北2013年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年7月2日  ダッタフォーリャの調査によると、ハダジサンパウロ市市長とアウキミンサンパウロ州知事の支持率がどちらも下がったが、「悪い/最悪」との評価が40%にまで至ったハダジ氏とは対照的に、アウキミン氏の否定的評価は20%にとどまった。さらに来年10月のサ […]