ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2010年11月9日付け

 7日に行われたブラジル選手権第34節のコリンチアンス対サンパウロ戦は、2対0でコリンチアンスの勝ち。フルミネンセと1ポイント差の2位を保ったコリンチアンスに対し、守りの姿勢に入って負けたサンパウロは9位となり、4位以内入賞は困難に。対コリンチアンス戦勝利無しの不名誉な記録も来年3月27日予定の試合までの1505日間に伸びる。今年前半大活躍だったサントスは6日、元指揮官が采配を振るうアトレチコ・ミネイロと2対2の引分けで終り、勝利からしばらく遠ざかったまま7位に転落した。
     ◎
 リオ市のビリェッテ・ウニコが乗り継ぎ利用も可能に。6日からは2時間以内なら2・40レアルでバス2本を乗り継いで利用出来るようになった。リオ州のビリェッテの場合、自治体をまたいで走る交通機関二つを2時間半以内に乗り継ぐ事が出来、料金は最高4・40レアル。大聖市圏の自治体間乗り入れ利用はいつから始まるか?
     ◎
 ポール・マッカートニーのショーが南大河州で行われ、ポルト・アレグレ会場に集まった5万人の会衆はビートルズゆかりの名曲などに酔いしれた―。200人限定のミニショーに始まり、親しみのある雰囲気でポ語もとりいれて進められたショーは詰め掛けたファンを魅了。ラ米コンサートツアー初日は成功裏に幕を閉じたようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ