fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場

外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場

ニッケイ新聞 2013年12月24日

写真=ソウザ氏(中央)とその左が妻の竹田恵子アリッセさん









 外国人叙勲「旭日小綬章」を受けたブラジルで最も有名な漫画家マウリシオ・デ・ソウザ氏(78)の叙勲伝達式が17日、サンパウロ市内の総領事公邸で行われ、来賓には日系4団体ほかに赤間学院、大志万学院、平成学院、アルモニア学園の4校の小学生らも駆けつけ、家族と共に賑やかに約50人が受章を祝った。
 ソウザ氏は、ブラジルにおける日本文化の紹介及び対日理解の促進に寄与したことで選出された。
 同氏の著作は当地の漫画雑誌売り上げの86%を占めており、有名漫画家だ。福嶌教輝総領事は米国のニューズ・ウィーク紙で同氏が〃ブラジルのディズニー〃と称えられた逸話を交え、同氏の経歴を紹介した。
 ソウザ氏は少年時代を日系人が多いサンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市で育ち、当時の友人の半分は日系人で、日本人と日本文化を身近に感じていた。一般社会に溶け込む日系人に尊敬と愛情をもち、漫画の中にも「ヒロ」や「ミチコ」などの日系人キャラクターを登場させてきた。08年の移民百周年では、オフィシャルマスコットの「チカラ」と「ケイカ」を日系二世のアリセ夫人と合作でデザインした。
 漫画界の巨匠、手塚治虫氏と生前に交わした約束のとおり、ジャングル大帝レオなどの手塚キャラクターを『モニカ』に登場させ、平和を求めてアマゾンで戦う作品も最近発表したばかり。「漫画ファンや、手塚漫画を見て育ったという人たちから懐かしがられ、反響があったため近い将来に再度やりたい」と本紙インタビューに応えた。
 ソウザ氏は、共に制作に携わる多くの日系人を含むスタッフに感謝の意を表し、過去にオラシオやビドゥのキャラクターが日本で紹介されたことをふりかえり、再度日本で作品を発表する予定があると明かした。今年は「モニカ」誕生50周年であり、記念すべき年に華が添えられることとなった。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 秋の叙勲 受賞者4人を発表=外国人表彰にはM・ソウザ氏も2013年11月30日 秋の叙勲 受賞者4人を発表=外国人表彰にはM・ソウザ氏も ニッケイ新聞 2013年11月6日  日本政府は3日、本年度の『秋の叙勲』受賞者を発表した。ブラジルからは、池田昭博、志村豊弘、門脇敏子の三邦人に漫画家のマウリシオ・デ・ソウザ氏(外国人勲章)を加えた4人が選出された。以下受賞者プロフィール(敬称略)。 【在聖総領事館管内】 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 2012年3月28日 人気漫画家ソウザさん=手塚治虫氏と夢の共同制作=(上)=鉄腕アトムやレオが活躍国外初のキャラクター使用許可  当地で国民的人気を誇る漫画家マウリシオ・デ・ソウザさん(76)が2月末に刊行した『Turma da Monica Jovem』(モニカと仲間たち若者編、第43巻)に、故・手塚治虫氏の懐かしいキャラクター達が蘇った。「緑の宝物(Tesouro […]
  • 2008年7月5日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=各地の百周年式典を総括 ニッケイ新聞 2008年7月5日付け ◆座談会参加者の紹介深=本紙の編集長ながら、最多のブラジリア、サンパウロ、パラナ、ベロ・オリゾンテを取材。若手記者を大きく引き離す奮迅の活躍ぶりを見せた。神=邦字紙記者歴四十余年、唯一過去の周年行事を取材。サンパウロ・サンボードロモ式典会 […]