ホーム | 日系社会ニュース | 謹んで新年のお慶びを申し上げます=内閣総理大臣 安倍 晋三

謹んで新年のお慶びを申し上げます=内閣総理大臣 安倍 晋三

新年号

ニッケイ新聞 2014年1月1日

安倍晋三 内閣総理大臣 ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2014年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。

安倍内閣が成立してから1年余り,私は,日本経済の再生を最優先事項として取り組んでまいりました。大胆な金融政策,機動的な財政政策,民間投資を喚起する成長戦略という「三本の矢」を相次いで放ち,最近では,長引くデフレからの回復の兆しが見えてきていると感じています。新しい年を迎え,気持ちを新たに日本の力を更に回復させ,経済を成長軌道に乗せるよう一層努め,世界全体の成長に貢献していきたいと考えています。

私は総理大臣就任以来,地球儀を俯瞰する視点で,自由,民主主義,基本的人権,法の支配といった基本的価値を踏まえた戦略的な外交を進めてまいりました。日本は,国際協調主義に基づく積極的平和主義の立場から,世界の平和と安定にこれまで以上に積極的に貢献する国になるべきと考えています。そのためにも各国との連携を一層深めていくことが重要であり,世界中におられる日系人や在留邦人の皆様とのネットワークやつながりを更に強固なものとしていくことが必要です。ビジネス,経済活動や外交活動,学術研究,スポーツ,文化交流など様々な分野で,皆様の活動を通して,日本とブラジルの交流がより緊密なものとなり,このことが日本への理解を更に深め,日本及び世界,ひいては皆様の更なる御繁栄にもつながることを期待しております。

日本とブラジルには長い歴史と伝統に培われた特別な信頼関係があります。昨年9月,私はサンクトペテルブルグG20サミットの機会にルセーフ大統領と会談し,人的絆と信頼関係を有する両国が,二国間関係そして国際場裏の幅広い分野で一層の協力を進めることを確認いたしました。また民間主導の取組として,昨年8月には4年ぶりに日伯賢人会議がブラジルで開催され,参加した日本側参加者から会議内容の報告を受けました。このように,官民双方による取組が,両国関係の重層的な関係構築につながるものと確信しております。

本年のワールドカップ・ブラジル大会,明年の日伯外交関係樹立120周年,2016年リオ・オリンピック,そして2020年東京オリンピックと続く大きな行事が,両国間の交流をますます活発化させる良い機会となることを心から願っております。

この機会に改めて,2020年夏季オリンピック・パラリンピックの東京開催決定に際して,その招致活動中に皆様から頂きました力強い応援や,御支援,御協力に対して,心から感謝申し上げます。これから,日本の魅力を世界に発信し,すばらしいオリンピック・パラリンピックとなるよう,成功に向けた準備を進めてまいりますので,引き続き御支援を頂ければ幸いです。

最後になりますが,海外の皆様のより一層の御活躍,御健康と御多幸を心からお祈りし,私の新年の挨拶といたします。

平成26年 元旦

image_print

こちらの記事もどうぞ