ホーム | 日系社会ニュース | 除夜の鐘つき新年を祝う=南米本願寺で『修正会』

除夜の鐘つき新年を祝う=南米本願寺で『修正会』

ニッケイ新聞 2014年1月3日
力強く鐘をつく参加者

力強く鐘をつく参加者

南米本願寺ブラジル別院(菊池顕正輪番)は大晦日31日夜から1日にかけ、聖市ジャルジン・ダ・サウーデ区の同寺で、前年を反省し新年を祝う『修正会』を開いた。集まった100人以上の参加者は、それぞれに思いを込めながら除夜の鐘を撞いた。

1970年代初頭から始まり、すでに40回以上を数える伝統の行事だ。新年を迎える午前0時の15分前にはすでに、鐘の前に長蛇の列ができていた。

磯美奈子さん(73、二世)は、「今年も一生懸命がんばろうっていう思いで(鐘を)ついた。『その割には弱いね』って友人に笑われてしまったけど」と笑顔を見せた。69年に聖市内に移り、初回から毎年かかさず参加してきた。「40年前は熱心な人を中心に少人数でやっていたのが、今ではこんなに賑やかになった。外人も増えて雰囲気は変わったけど、日本の文化が広まったのだと思うと嬉しい」と感慨深げに話した。

熊本県南阿蘇村の江善寺から派遣され、滞伯4年目を迎えた菊池輪番は「日本でもやるところが少なくなってきている行事。ブラジルの地でこれだけ長く続いているのは、コロニアの熱い思いに支えられているから」と感心した様子を見せていた。

僧侶らによる読経、説教の後には年越しそばが振舞われ、参加者らは賑やかに2014年の到来を祝った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 来伯団の皆さん(左から3人目が日比野会頭、左端が松田さん)2014年3月29日 愛知県 犬山商議所一行が来伯=元コチア青年との縁で ニッケイ新聞 2014年3月29日 愛知県犬山市の商工会議所から日比野良太郎会頭、安達英昭副会頭らと、デカセギ支援を行う「南米交流」(愛知県豊橋市)の松田一男代表取締役の計6人が6~11日まで来伯、リオのカーニバル、イグアスの滝などを視察・観光した。 姉妹提携している宮崎県 […]