ホーム | コラム | オーリャ! | コラム オーリャ!

コラム オーリャ!

ニッケイ新聞 2014年1月3日

 新年を迎え、今年は第一アリアンサが「入植90周年」を迎える。2年後の16年には第二が、そして翌17年には第三が続々と迎える。10年前の第一80周年では、長野県人会の創立45周年も重なって、田中康夫知事(当時)を迎え盛大に祝われた。

 第1ア文化協会の会長は今月、神戸生まれの辻義基さんから、弓場農場生まれの望月友三さんにバトンタッチされた。辻さんは「やっぱり節目の年は、ここで生まれた人間が会長じゃないとな」という思いがあったとも明かす。

 農場創設者の弓場勇さんが残した『祖国を忘れた移住地はその意味を失う』との言葉が、今も頭に残っているという望月さん。そんな祖国を想う弓場イズム継承者だからこその、躍動するようなアリアンサ節目の年を期待したい。(祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「いったい日本人の民族性とはなにか」と問いかける木村快さん2014年1月1日 90周年迎えるアリアンサ移住地=陽の目みる〝本当の移民史〟=著者木村快さんに聞く=建設に至る歴史秘話紐解く 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  本紙や太陽堂、竹内書店、高野書店など日系書店で好評発売中の『共生の大地アリアンサ ブラジルに協同の夢を求めた日本人』(同時代社)の著者木村快さん(77、東京)を、10月に東京まで訪ね、発刊に至る経緯やそこに込められた想いを聞いた。 […]
  • コラム オーリャ!2014年1月10日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年1月10日  ナタウ公演、紅白歌合戦といったスポットライトのあたる〃年末の宴〃の時期を終え、弓場農場はそろそろ通常に戻る。  5~60人の生活者がいるが、年末には一時的に100人ほども来客が訪れる。年が明けると徐々に散る旅人や、西表島から一時帰郷してい […]
  • 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から2018年9月28日 移民の父、上塚の生涯描く=演劇「万華鏡~百年物語」=劇団員16人来伯、6日から  【既報関連】熊本市の劇団夢桟敷(坂本真理代表)は、〃移民の父〃上塚周平の生涯を描いた演劇『万華鏡~百年物語』の公演を、10月6日午後3時から聖市熊本県人会ホール(Rua Guimaraes Passos, 142)、9日午後7時半からプロミッソン市劇場(Rua […]
  • 母県との絆育み55年=兵庫県人会が節目祝う=井戸知事ら80人超来伯=パラナ州提携45周年も2015年8月27日 母県との絆育み55年=兵庫県人会が節目祝う=井戸知事ら80人超来伯=パラナ州提携45周年も  兵庫県―パラナ州が姉妹提携45周年を迎えた今年、ブラジル兵庫県人会(松下瞳マルリ会長)も創立55周年を迎え、23日に北海道協会で記念式典を開いた。初の二世会長による新体制で最初の創立記念イベント。20年間会長を務め、今年3月に勇退した尾西貞夫さんも実行委員長として運営を支えた […]
  • ■訃報■JICA日語教師OB会長 弓場パウロさん2015年7月7日 ■訃報■JICA日語教師OB会長 弓場パウロさん  聖州ミランドーポリス市の弓場農場(コムニダーデ・ユバ協会)の弓場勇作パウロさんが4日早朝4時ごろ、ミランドーポリス病院で亡くなった。享年63。3年ほど前に事故で肺を痛め、今年に入り体調を悪くしていた。 1951年に同農場で生まれ、同地で大工などに従事した後、92年に聖市へ […]