ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月10日

 伯人学生の希望と日本側の受け入れ態勢にちぐはぐさが見られる『国境なき科学』。在ブラジル日本国大使館によれば、受け入れ先の確保は日本側の窓口団体である日本学生支援機構(JASSO)が、日本国内の理工系の大学に声をかける形で行われている。でも、「東京工業大学のような、そのレベルを考えれば学部レベルでも英語で授業を出来ないはずがない大学が対応してくれないことも」との例もあるとか。公立では東京大学、筑波大学、私立では芝浦工業大学などが、学部と大学院の両方で積極に受け入れているという。東工大や各地の理系大学も、日伯交流促進のために何とかブラジル人学部生を引き受けて欲しいところ。

     ◎

 年末年始に取材した餅搗きの中で、力行会のが最も好評だったよう。岐阜出身の耳子は、実は故郷では納豆餅は食したことがなかった。でも「なるほど、なるほど」と感心。あんこは当然として黒ゴマも同じく美味だった。大根おろしは特に抜群の出来で、多様な味を楽しんだ。一歩進んで当地ならではの、さらなる餅の楽しみ方を研究してほしいと提案。日本には餅をトッピングにした和風ピザもあるが、こちらでは餅入りフェイジョアーダ、シュラスコ(ただの焼餅?)、パステルの具、クプアスーアイス、アサイーにも合わせてみては?

     ◎

 先月開催したNAKの「第19回紅白歌合戦」は盛況の内に終了したよう。JICAシニアボランティア2人が司会として奮闘し、パラー州ベレンからも参加者を招くなどの盛り上がりを見せた様子。紅組の大勝で通算成績は9勝9敗1分の五分となり、最優秀歌唱賞には紅組オオトリの西村マリさんが輝いた。新年は記念すべき第20回大会ともあって、関係者の鼻息も荒い?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 大耳小耳2014年3月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月29日  『ブラジル老壮の友』3月には、五十嵐司熟連会長の呼びかけ文が掲載された。移民百周年で作られた熟連前のお地蔵様の前に置かれた賽銭入れの壷の浄財は、大病や大怪我に苦しむクラブ員や関係者のお見舞いに使っているが、《最近そのような件が増えているに […]
  • 大耳小耳2014年3月26日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月26日  「NGOブラジル人労働者支援センター」の加藤仁紀理事長は、学生時代は海外移住研究会に所属、その後南米銀行に就職、退職してからは在日ブラジル人の支援活動を始めるなど当地に縁の深い人物。同団体のサイトにある加藤さんの挨拶によれば、貧しかった敗 […]
  • 大耳小耳2014年3月27日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日体大野球部の交流試合で、猛打賞の活躍を見せた丸山智大さん(21、長野)は野球教室で「子どもらが素直。日本の規律あるプレーを上手く伝えられたかな」と振り返った。投手の大橋貴博さん(21、埼玉)は「年下からも積極的に教わろうとする姿勢は、上 […]