ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 1日付本紙で日系四世ビザの法務省案について報じた。その前日31日には、実は下地衆議は自身のツイッターで「私たちはもっと日系四世の皆さんが日本に来やすいもっと緩やかな環境の中で皆さんに頑張ってもらえる素地をつくっていきたいと思います」と投稿していた。それの意訳がポ語ニュースサイトに掲載され、四世グループによってリンクが貼られ、ネットで拡散された。下地衆議の説明会の直後はネット上で「お祭り騒ぎ」になっていたが、今回の読売報道後、四世らは「まだ決定ではない」と冷静をたもって待っている様子だ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年11月26日 大耳小耳  サンパウロ市のジャパン・ハウス(Av. Paulista, 52 - Bela […]
  • 大耳小耳2019年11月23日 大耳小耳  ブラジル高知県人会は今週の日曜日に、フェイジョアーダの食べ放題が楽しめる「フェイジョアーダの日」を開催する。日系社会でよく言われるのが「日系団体の婦人部が作る日本食は、家庭的で日本料理店に勝るくらいおいしい」ということ。彼女らの料理は慣れ親しんだ「おふくろの味」。今回は日本食 […]
  • 大耳小耳2019年11月22日 大耳小耳  20日は「黒人意識高揚の日」(Dia da Consciência […]
  • 大耳小耳2019年11月15日 大耳小耳  ベルリン在住の日本人現代美術家・塩田千春さんの作品展がサンパウロ市セントロのブラジル銀行文化センター(CCBB)とジャパン・ハウスで始まっている。1972年、大阪府岸和田市出身。12日付フォーリャ紙電子版などは、糸を立体的に造形に使う独特の作風を持つことから、「mulher- […]