ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2014年1月14日

 13日付アゴラ紙の調べによると、聖市で最も豪雨で冠水しやすいのは西部だという。同紙は聖市で最も冠水が起こりやすい場所を20カ所選んでいるが、そのうちの9カ所までが西部に集中し、特にマルジナル・ピニェイロイスでは2008~12年に98回もの冠水を起こしている。これは2位に26回の差をあける大差の1位だが、2位もそこからほど近いエウゼービオ・マトーゾ大通り。さらに上位5位中三つがピニェイロス地区に集中している。今年こそ少しは改良されるか。

     ◎

 州交通局が発表したところによると、13年に聖州で起きた自動車強盗の数は9023件で、過去12年間で最高を記録した。傾向としては、自動車を「窃盗」するパターンから「強盗」へと変わって来ており、ここ5年で窃盗が26%の上昇だったのに対し、強盗は約100%と倍増したという。また聖市北部のカーザ・ヴェルデは過去2年で自動車強盗件数が663%あがったという。狙われやすい車種はフィアットやフォルクスワーゲン、フォードが目立つとか。同地区で同車種にのる人は要注意。

     ◎

 例年以上に暑い今年の夏、聖州海岸部では大型の円形ボートがちょっとした流行になっているという。「ディスコボート」と呼ばれるこの遊具は一つにつき10人まで乗れ、15分につき15~20レアルで貸し出しているが、波に大きく揺れるところに若者たちがスリルを感じているという。なお、やや危険でもあるため「必ず救命胴着は着用」とのこと。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 東西南北2014年3月28日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月28日  27日付本紙でも報じた、今年2月の聖市での強盗事件の急増だが、サッカーW杯の会場となるイタケロン・スタジアム周辺地区での犯罪急増が目立つという。同スタジアムに近いパルケ・ド・カルモでは、強盗が昨年同月比で82%、自動車強盗が59%増加した […]
  • 東西南北2014年3月15日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年3月15日  今月3日にリオのニテロイ橋を自動車で走行中に50メートル下の海に落ちたが、一命をとりとめた大学生マリーナ・ボルジェスさん(22)が13日、入院先の病院を退院し、会見に応じた。マリーナさんは3日、オラリア地区にある勤め先の会社に自身の運転す […]
  • 東西南北2014年1月25日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年1月25日  聖市南部カンポ・リンポとタボン・デ・セーラ市との市境地帯の二つの池と七つの小川が22日の夜に洪水状態となり、池や小川にあったゴミが地上に流れ出し、近隣のエンブー・ダス・アルテス市にまで及んだ。自動車道によっては2キロに渡って冠水する事態が […]
  • 東西南北2018年8月30日 東西南北  サンパウロ市が発表したところによると、今年の1月から7月までに路上に乗り捨てられ、回収された自動車が1万台以上あったという。その台数は1万2157台。前年同期の7819台より55%も増えている。乗り捨てが最も多かった場所は南部イピランガの1402台で、北部のヴィラ・マリア11 […]