ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 15日から17日の午前中まではカーニバル休暇のはずだったが、今年はコロナ禍につき、カーニバルを公的に祝う自治体はない。カーニバル休暇は本来、国民の祝日扱いではなく、自治体判断なので、開催されないのならば平日扱いとなるはずだが、そこがブラジルの不思議なところ。企業などの判断で、この日を平日にも休日にもできる仕組みになっている。なので、来週前半は街頭には全くカーニバル気分がない状態で、働いている人と休んでいる人が混在する不思議な状態となる。サンパウロ市のように「7月に行う」としていた自治体も開催は困難だが、開催となった場合の休みはどうなるのかも疑問だ。なお、ヴァーチャルのイベントや昨年のパレードの放映などはあるので、少しだけならカーニバル気分を味わえそうだ。
     ◎
 パルメイラスは11日、南米代表として臨んだサッカーのクラブW杯の3位決定戦でアフリカ代表のアル・アハリ(エジプト)と対戦。0―0で決着がつかぬまま、PK戦へともつれこんだが、2―3で敗れ、3位にもなれなかった。このW杯、パルメイラスは1点も得点できなかった。なお、決勝戦では欧州代表のバイエルン・ミュンヘン(ドイツ)が北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)を1―0で破って、7年ぶり2度目の優勝を決めた。
     ◎
 12日からは正式に、コロナワクチンの接種対象が85~89歳となったサンパウロ州。既に報じられているように、サンパウロ市のドライブスルー接種会場前には長い車の列ができていたが、この週末やカーニバル休暇の間に一体何人が接種を受けることができるだろうか。80~84歳の接種は3月1日からだが、少しでも前倒ししてほしいものだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年6月5日 東西南北  今週後半から来週にかけてはサッカーのW杯南米予選の期間だが、その間も全国選手権は休まず続けられる。今日はサンパウロが敵地でアトレチコ・ゴイアニエンセと、サントスが本拠地でセアラーと対戦。明日はコリンチャンスが敵地でアメリカMGと、パルメイラスが本拠地でシェペコエンセと戦う。全 […]
  • 東西南北2021年2月9日 東西南北  7日に行われたサッカーのクラブW杯準決勝で、南米代表のパルメイラスは北中米代表のUANLティグレス(メキシコ)に0―1で敗れた。後半7分、ディフェンダー、ルアンがペナルティ・エリア内で相手フォワードのカルロス・ゴンザレスに痛恨のファウル。そこで得たPKを相手エース、ジニャック […]
  • 東西南北2021年2月4日 東西南北  サンパウロ州政府が「コロナワクチンの州の接種予定に関し、フェイクニュースに注意を」と呼びかけている。それによると、ワッツアップなどを通じて「75歳以上の高齢者の接種が8日からはじまる」とか「28歳より下の接種の開始は7月1日以降」などの怪情報が流れているという。正しくは、90 […]
  • 東西南北2021年1月16日 東西南北  サッカーのブラジル杯の決勝が、リベルタドーレス杯の関係上、日程が組めずに止まっている。問題は、どちらも決勝戦にパルメイラスが進んだことにある。1月30日のリ杯決勝でサントスが勝てば、ブ杯の決勝は2月11〜17日のいずれかになる。だが、パルメイラスが南米一になった場合は、2月に […]
  • 東西南北2020年12月4日 東西南北  サンパウロ州検察局は1日、元サンパウロ市文化局長のアレッシャンドレ・ユセフ氏や飲料大手のアンベブ、観光公社のSPトゥリスなどを起訴した。これは、今年のサンパウロ市カーニバルの市内のブロッコ行進に関連した契約での不正を問題視したもの。起訴状では、路上カーニバルに関連した、飲料水 […]