ホーム | Free | カンポ・グランデ=日本祭りを22日から初開催=来年祝う100周年の準備に

カンポ・グランデ=日本祭りを22日から初開催=来年祝う100周年の準備に

山内エリカさん、安慶名会長、鈴木理事

 マット・グロッソ・ド・スル州都で初めての日本祭りが、11月22日から24日までカンポ・グランデ日系文化体育協会(AECNB)のSEDE・CAMPO(Saida para Tres Lagoas, BR 262 KM 2)で開催されることになった。
 来社した安慶名ネルソン・タモツ会長は、「日本祭り開催は、昔の会の幹部時代からの夢だった。それだったら来年、我々の会が創立100周年を迎えるので、来年6月に日本祭りと同時に盛大に祝うことを考えた。その予行演習をかねて、今年から日本祭りを始めることにした。日本文化の伝統をなくさないために、これから続けていく」と力を込めた。
 地元テレビ局と提携し、3日間で1万人入場を予想する。共に来社した同文体協の鈴木マルシオ理事も「来場者に半分以上は非日系人になるはず」という。同地名物の沖縄ソバを始め、各種日本食も提供される他、平田信弘さんのショー、地元の太鼓チームの演奏も披露される。
 初開催ということもあり、県連日本祭りの広報を担当する山内エリカさんも共に来社し、「県連も日本祭りのノウハウを伝えるなど手伝っている」という。
 なお、11月8~10日には同州南部のドウラードスでも伝統の「第18回ジャポン・フェスチ」が、ドウラードス日伯文化体育協会(Clube Nipônico de Dourados 〈sede campo〉 – Rua General Castelo Branco, 1294, Jardim Flórida)で盛大に開催される。
 今年だけ特別に同じ11月で重なるが、来年からはカンポ・グランデが6月になるために別々になるという。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • □記者の眼□非日系も参加可能な日系研修、締め切り25日2019年10月19日 □記者の眼□非日系も参加可能な日系研修、締め切り25日  奈良県人会の青年部長、沖縄県人会カンポ・グランデ支部の芸能部長など、最近は日系団体における非日系台頭が目立ってきている。彼らと話していて不満が漏れるのは、県費留学生・研修制度の大半には「県人子弟」という縛りがかかっていることだ。  県人会活動は基本的に無報酬であり、 […]
  • 県連ふるさと巡り、参加者募集=マットグロッソ・ド・スル州の日系団体を訪ねて2019年12月5日 県連ふるさと巡り、参加者募集=マットグロッソ・ド・スル州の日系団体を訪ねて  ブラジル日本都道府県人会連合会(山田康夫会長)は来年3月20日~26日にマットグロッソ・ド・スル州の日系団体4つとパンタナール、ボニートを訪ねる「第52回移民のふるさと巡り」を実施する。  今回は日程別に3つのコースに分かれている。日系団体と交流する最初の4日間は3 […]
  • レジストロ=祖先想い灯ろう1500挺流す=打上げ花火、マツリダンスも=連邦文化財の認定申請に署名2019年11月8日 レジストロ=祖先想い灯ろう1500挺流す=打上げ花火、マツリダンスも=連邦文化財の認定申請に署名  レジストロ日伯文化協会(川尻イリネウ誠会長)と日蓮宗恵明寺は「第65回レジストロ灯ろう流し」を1~3日、サンパウロ州レジストロ市のベイラ・リオ広場で開催し、3日間で約3万人が来場した。リベイラ川に浮かぶ約1500挺の灯ろうに思いをはせ、打上げ花火や盆踊り、太鼓、歌手の […]
  • ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す2019年4月5日 ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す  「流行最先端は和牛カルパッチョ。それに日本式鉄板焼きも浸透してきている。ジューシーで柔らかい和牛の味を一度知ってしまうと、他の肉を食べられなくなる」――和牛生産大手・ケンスタール社の中矢レナト健二社長は、柔和な笑みを浮かべて和牛の魅力を語る。  ブラジルに和牛農家は […]
  • 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士2019年7月3日 《ブラジル》緊急着陸機から460万レ=前歴あるイタリア人操縦士  ブラジル中西部のマット・グロッソ州アウタ・フロレスタ市の空港で、6月30日に緊急着陸した小型機から460万レアル以上が入ったトランクが見つかり、操縦していたイタリア人が逮捕されたと同日ならびに7月1、2日付現地紙サイトが報じた。  同州州都のクイアバ市から約800キ […]