ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年1月22日

 イトゥー市のリゾートホテル『SPA SPORT RESORT』。敷地内のサッカー場には「KIYOSHI」と書かれた横断幕が。同施設のビエイラ支配人に話を聞くと、「オーナーの兄弟が経営するサンパウロ市のレストラン。日本食材の調達に一役買ってくれるのではないか」とのこと。既存設備の充実さに加え、食の問題も解決するなかなか良い施設なだけに、肝心の新棟建設問題を何とかクリアしてもらいたいところ。「さすが日系人経営!」と賞賛される運営を、ぜひ!

     ◎

 アサイー商品を日本で取り扱う会社として有名な「フルッタ・フルッタ」(本社・東京)は、今月29日から大阪市の阪急うめだ特設会場で始まる国内最大級のバレンタインイベント『バレンタインチョコレート博覧会』に、「アサイーショコラッチ・カフェ」を出店する。アサイー製品はもちろん、同社にアマゾンフルーツを出荷するトメアス総合農業協同組合が生産したアグロフォレストリーカカオのチョコレートなども販売。アサイー人気の向上とともに、アマゾンフルーツの生産に、多くの日系人が携わっているということが周知されるきっかけとなれば。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選2016年11月10日 ニッケイ俳壇(914)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 木々芽ぐむ枝にぎやかに差し交わし 森の穂にアララが騒ぎ初明り 万緑の中漂へる鷺一羽 大雷の鳴り夕立のはたと止む […]
  • ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選2016年10月27日 ニッケイ俳壇(912)=星野瞳 選 アリアンサ  新津稚鴎信濃村のポルトガル人煙草干す鳩車に似て葦舟や湖は春アリアンサの鳳梨も供え念腹忌睦みつつ濁流越えて行きし蝶富士の絵の額の後に守宮棲む […]
  • ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選2015年10月2日 ニッケイ俳壇 (858)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 激つ瀬のひっぱる風や木々芽ぐむ 草萌ゆる野やぽっかりと月浮かべ 鼻振って家の漫歩や蝶の昼 夜蝉鳴く泣き虫の樹が泣き止めば 貯水池に天から降って目高棲む いさぎよく葉を落としイペ花仕度 水温む鶏が孵せし子家鴨に 【作者・稚鴎さんは来たる十 […]