ホーム | 日系社会ニュース | 在クリチバ総領事館=草の根資金で医療機材=ピラクアラ市の病院に

在クリチバ総領事館=草の根資金で医療機材=ピラクアラ市の病院に

ニッケイ新聞 2014年1月23日

 日本政府は草の根・人間の安全保障無償資金協力により、サン・ジュリアン精神科病院支援者「友の会」(パラナ州ピラクアラ市)が運営する同病院の「機材整備計画」に対し、総額10万2009ドルの支援を行った。

 昨年11月29日、同病院で移動式救命医療機器、業務用の洗濯脱水機および乾燥機の供与式が行われた。在クリチバ日本国総領事館の内山美生総領事、「友の会」のアフォンソ・アントニウキ会長、ジョアン・カルロス・スカルゾ理事長、同市のマルコス・マウリシオ・テッセロリ・ピラクアラ市長、クリチバ大都市圏調整局長のルイ・ハラ氏など、約百人が出席した。

 同病院は1975年、人種や宗教を問わず、薬物依存や精神的障害患者とその家族に支援を行うことを目的に設立された。04年、「友の会」によって吸収・合併された。

 スカルゾ理事長は、現在に至るまで5万人の患者が入院し、治療を受けてきた実績を紹介し、「このような重要な支援をいただき、日本政府を代表する日本総領事館に感謝したい」と述べた。

 続いて内山総領事は、「日本国政府として、友の会に救命医療機材等を供与することができ大変光栄。供与器材が有効に使用されることを期待したい。このような支援は両国の友好関係の証だ」と話した。

 同病院は設立以来拡張を続け、今では400床を有するまでになったが、常に満床状態だった。また保有器材も旧式のものが多く、患者の増大に伴う業務増に対応し切れなくなっていたため、器材の買い換えに迫られていた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 水曜シネマ=4月の上映予定2014年3月29日 水曜シネマ=4月の上映予定 ニッケイ新聞 2014年3月29日  文協水曜シネマの4月の上映予定が決まった。会場は全て小講堂。開演時間は午後1時から。 ◎2日=「丹下左膳飛燕居合斬り」(1996年・五社英雄監督・中村錦之助) ◎9日=他イベントの為、上映なし ◎16日=「配達されない3通の手紙」(197 […]