ホーム | 日系社会ニュース | アマチュア外国人でW杯を=『コッパ・グリンゴス』=仏人 ステファンさんが企画=日本チームの出場呼びかけ

アマチュア外国人でW杯を=『コッパ・グリンゴス』=仏人 ステファンさんが企画=日本チームの出場呼びかけ

ニッケイ新聞 2014年1月28日
日本チームの参加を呼びかけるステファン・ダルマーニさん

日本チームの参加を呼びかけるステファン・ダルマーニさん

今年4月、ブラジル初のアマチュア外国人選手によるサッカー大会『コッパ・グリンゴス』(Copa Gringos)を、6年前に渡伯したフランス人のサッカー愛好者・ステファン・ダルマーニさん(39)が企画、日本チームの参加を呼びかけている。「W杯も近いし、各国の友好に」と、すでに16カ国が申し込んでおり、最大32カ国からチームを集める予定。「ブラジル人は強すぎるからね。日本チームにも是非参加してほしい」と呼びかけている。

イベント・映像制作会社「ラ・ヴィスタ」(本社フランス)に勤務しているステファンさん。2009年には、夜中から明け方にかけて32チームが競い合う「ヴィラーダ・デ・フチボール」というユニークな大会も企画、聖市内で定期的に開催している。

スペインやイタリアなど欧州諸国のチームとサッカー交流をしてきた経験から「大会に出たいけど、いつどこであるかも知らないという外国人が多い。ブラジル人の大会だと参加もしにくい」と、コッパ・グリンゴスを企画した。

3月中に対戦チームを決める抽選があり、4月から6月にかけ実施する。開催日は日曜日の午前10時~午後1時、場所はプレイボール・ポンペイア(Rua Nicholas Boer, 66, Vila Pompeia)。在聖フランス総領事館が後援、ラ・ヴィスタが主催する。

南米発祥の7人制サッカー「ソサイチ」方式で行われ、各チーム最低10人、最高15人まで登録できる(各国1チーム)。16歳以上で、日本人、もしくは両親が一世であること。ただし非日系人2人、および二重国籍者2人まではチームに加えてもよい。伯国の各種サッカー連盟の登録選手、およびFPFS(パウリスタ・ソサイチ連盟)の参加選手は出場不可。

参加費用は1チーム3千レアルで、大会専用Tシャツが支給される。申し込み締め切りは3月15日。その他詳細はサイト(www.queremosjogar.com.br)を参照のこと。

選手を選抜しチームを結成、試合に参加してみたいという方は、編集部(電話=11・3340・6060、Eメール=asakojima@gmail.com/児島)まで連絡を。

image_print

こちらの記事もどうぞ