ホーム | 日系社会ニュース | デカセギ子弟らを対象に=昭栄奨学金、来月締め切り

デカセギ子弟らを対象に=昭栄奨学金、来月締め切り

ニッケイ新聞 2014年1月30日

デカセギ子弟を対象とした奨学金プログラム「昭栄奨学金」の次期奨学生(定員5人)の応募受け付けが来月3日から10日、国外就労者情報援護センター(CIATE)(R. Sao Joaquim, 381)である。

1960年代より当地で企業活動を行っていた昭栄株式会社が当地から撤退する際に残した約83万レアルを原資とし、帰伯したデカセギ子弟などに与えられるもので、昨年始まり現在4人の奨学生がいる。最低給(約700レアル)を、卒業するまで支給する。

当地の大学に通う、帰伯子弟やデカセギ経験者を親にもつ35歳までの人を対象とし、返済は不要。選考後、同月28日に結果が発表され、3月から奨学金の支給がはじまる。

募集要項は、CIATEのホームページ(www.ciate.org.br)で確認できる。問い合わせはCIATE(電話:11・3207・9014/メール: contato@ciate.org.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ