ホーム | 文芸 | 連載小説 | 日本の水が飲みたい=広橋勝造 | 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(90)

連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(90)

ニッケイ新聞 2014年2月1日

「(『ナムアミダブツ』と唱えて下さい)」

アナジャス軍曹は測量班で一番年上の男に、

「(あの『ブッダ』のミサは熱気があって、理屈なしに安らぎを感じ、すごくよかった)」

「(さっそくミサをしてほしい。事故で亡くした同僚達の為にも)」

「(で、この集まった群衆は?)」

「(ここでは滅多にないチャンスだからな。口伝えで集まったのだ)」

「中嶋さん、始めましょう」

西谷の通訳で中嶋和尚は短い説教をした。

「(今から私が唱えるのは、こーんなに厚い『ブッダ』の聖書を、六つの東洋の文字で『ナ・ム・ア・ミ・ダ・ブツ』にまとめたものです。その『ネンブツ』に追従して一緒に唱えてもらえばきっと皆さんの願いが『アミダニョライ』と云う『ブッダ』に届きます)」

「では、始めます」

中嶋和尚は西谷の「(始めます)」の通訳を待たずして『チ~ン、チ~ン、チ~ン』と御鈴を鳴らし念仏を始めた。

― 『南―無阿―弥陀―仏、南―無阿―弥陀―仏、、南―無阿―弥陀―仏、南無阿弥陀仏、・・・、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏、・・・』 ―

と二分ほど続けて、中嶋和尚は語形を簡素化して、

『なーんまーいだー、なーんまいだー、なんまいだー、なんまいだ、・・・、なんまいだ、なんまいだ、・・・』

念仏を続けた。

アナジャス軍曹も中嶋和尚を真似て両手を合わせ、きれいな発音で、

『なーんまーいだー、なーんまいだー、なんまいだー、なんまいだ、・・・、なんまいだ、なんまいだ、・・・』

測量班の一番年寄りも、アナジャス軍曹に習って、

『なんまいだ、なんまいだ、なんまいだ、・・・』

と念仏に加わった。

年寄りが念仏に加わった事で、測量班の他の男達も加わり、やがて祭壇の前の群衆も、前の方から徐々に念仏の合唱に加わっていった。

大人の後ろで、はしゃいでいた子供達も互いに笑顔で顔を見合って大人の真似を始めた。

測量班の炊事係りが集団から抜け出して、飯場からギターを持ち出し、リズムが付いた念仏にギター伴奏を入れた。

― 『なんまいだぁ(ドードードード)、なんまいだ(ドードード)、なんまいだぁ(レーレーレーレ)、なんまいだぁ(レーレーレーレ)・・・』

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)2014年3月29日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127) ニッケイ新聞 2014年3月29日 「(ウエムラだ)」 「(逮捕に行くそうですね)」 ジョージはホテルでコピーした森口のチェックインカードを出し、 「(早速、逮捕状の手続きをしてくれ。これが奴の身元だ)」 「(これは個人情報侵害になるのでホテルは出してくれませんよ)」 「(『 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127)2014年3月27日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(127) ニッケイ新聞 2014年3月27日 取材に満足しペンを納めながら古川記者が、 「それで、森口をどうやって逮捕すれば」 黙って話を聞いていたジョージが、 「それにはまず理由がいる」 「理由?」 「逮捕や裁判する理由だ、それをなんとかしなくては・・・」 「ジョージ、でっち上げはダ […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(126)2014年3月28日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(126) ニッケイ新聞 2014年3月28日 二十分後、ジョージが戻ってきた。 「思った通り、奴は観光ビザで、すでに二ヶ月以上の不法滞在だ」 「それで彼を留置所にブチ込めますか?」 「検事次第だ。友人のアレイショスに電話しよう」 「アマゾンの? あの凄くウンの強い副司令官ですね」 「中 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(123)2014年3月25日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(123) ニッケイ新聞 2014年3月25日 「(どうしてだ?)」 「(説明するから銃口を俺から外してくれないか)」 「(説明!?)」 「(俺の名は古川。君は?)」 「(パウロだ。早く説明しろ)」 古川記者は『般若心経』を心に、 「(私がパウロにお金を貸せばいい)」 「(お前が俺に金を […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(124)2014年3月26日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(124) ニッケイ新聞 2014年3月26日 「ジョージ、身体の調子は?」 「この通り、アザが残っただけだ」 「良かったですね早く治って・・・」中嶋和尚はそう言いながら昨夜作った『聖正堂阿弥陀尼院』のお位牌を広い会議机の真ん中に置いた。 「早速だが、これから田口さんの願いをどう解決する […]