ホーム | 日系社会ニュース | 和太鼓全伯チャンピオン「飛翔」=日本大会に向け猛特訓!

和太鼓全伯チャンピオン「飛翔」=日本大会に向け猛特訓!

ニッケイ新聞 2014年2月4日
大太鼓を用いた全体練習は迫力がある

大太鼓を用いた全体練習は迫力がある

特産のぶどうの収穫期を迎えるコロニア・ピニャールの果樹園に、迫力のある太鼓の音が鳴り響く。

昨年あった『第10回全伯太鼓フェスティバル』のジュニア部門で優勝したコロニア・ピニャールの飛翔太鼓が、3月に福島県郡山市で行われる日本太鼓ジュニアコンクールへの参加に向けて特訓中だ。

メンバーは、12~18歳の12人。2人を除く全員が初訪日。夏休みを利用し、体育館で毎日6時間ほどの練習を行っている。驚くのは、グループに指導者がおらず年長メンバーがそれを担っていることだ。

リーダーは、10歳から飛翔で和太鼓を練習してきた市川晃央(てるお)さん(20、三世)。大学進学に伴い、ピニャールを離れたが、休みのときは練習のために帰省している。

前半の基礎練習は、太鼓を約20分間、止むことなく叩き続ける。痛む腕をまっすぐ保とうと歯を食いしばる子どもたちの表情は真剣だ。

後輩にアドバイスをする市川さん

後輩にアドバイスをする市川さん

大会で演奏する4分半の曲は、曲も振り付けも部員で相談しながらつくりあげたもの。「山裾」と題名の着いた曲は、「果樹園の広がる自分たちのふるさとをイメージし、先祖に感謝の気持ちを込めて作った」(市川さん)。

大会への意気込みを聞くと「1番を目指す気持ちで練習していますが、一生懸命やるだけ」と謙虚だ。

ピニャールで和太鼓が始まったのは10年ほど前。当時は、太鼓もないので、自分たちで切り取ってきた竹を太鼓代わりに練習していた。「大会に出場してもいつもビリだった」と日本語モデル校の教師、西川ちえこさんは振り返る。ピニャールで開催される日本祭は、太鼓を購入するために始めたお祭だという。がんばる部員たちに地元の支えもあり、昨年の優勝を勝ち取った。

初めての日本で何が楽しみかと部員たちに聞くと「温泉! ディズニーランド! 食べ物!」とそれぞれに子どもらしさを覗かせた。

過去に数回、招待グループとして日本へ招かれたことはあったが、正式な日本大会参加は初。コロニア発の、おおらかな和太鼓の音を本場で轟かせ、その存在感を大いにアピールしてほしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示2017年5月23日 ■ひとマチ点描■結婚式のあでやかな着物展示  ブラジル日本移民史料館では、文協ビル3階にあるショーケースで「結婚式の着物」の企画展示をしている。見学は無料。平日と土曜の史料館事務所の営業時間帯のみ見学できる。普通は入れない場所にあるため、3階でエレベーターを降りてすぐにある事務所で申し込みを。  さらに特別企画 […]
  • 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔2017年5月24日 《ブラジル》ミスニッケイ・オザスコ=タイナ・アケミさんに栄冠=美の秘訣は自信と笑顔  オザスコ日伯文化体育協会(ACENBO、荒木進会長)が主催する『2017年度ミス日系オザスコ』が20日夜同会館で開催され、12人の候補者が今年も美を競いあった。会場には家族や友人など約200人が駆けつけ、舞台には熱い声援が送られた。  轟太鼓の迫力ある演奏が舞台に花 […]
  • モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し2017年5月23日 モニカ作者=特製ロゴで在日伯人の支援=地域住民との共存目指し  ブラジルの国民的人気漫画『モニカ』の作者マウリシオ・デ・ソウザさん(81)は3月、滋賀県湖南市で地域との交流をする日系人市民グループ『カリーニョ』(高橋ファビオ代表)の活動支援のため、特製ロゴを無償提供した。 […]
  • 来伯団の皆さん(左から3人目が日比野会頭、左端が松田さん)2014年3月29日 愛知県 犬山商議所一行が来伯=元コチア青年との縁で ニッケイ新聞 2014年3月29日 愛知県犬山市の商工会議所から日比野良太郎会頭、安達英昭副会頭らと、デカセギ支援を行う「南米交流」(愛知県豊橋市)の松田一男代表取締役の計6人が6~11日まで来伯、リオのカーニバル、イグアスの滝などを視察・観光した。 姉妹提携している宮崎県 […]