ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月6日

 最近、無農薬野菜の宅配を利用している。ネットで注文し、新鮮で品質管理されたものが産地直送に近い形で届くのは嬉しい。もちろん全てではなく農薬が残りやすい葉野菜などが中心。健康は食が基本なのだし、口に入るものは経路がはっきりしているのも気分的に嬉しい。極論、自分で作って食べるのが一番なのだろうが▼日本では生産者の顔をつけたラベルで野菜などが販売されている。産直市もかなりの人気だ。全国最大規模だという愛媛県今治市の産直市の充実さには目を見張った。食材だけでなく、無農薬野菜を使ったレストランやケーキ屋なども隣接しており、農産物を都市部に送り出していた地方都市の活性化にも役立っているようだ▼食に関心を持つ人が増えるのも当然だ。原産地を偽った擬装食品の氾濫や、老舗デパートや料亭などの意識の低さもマスコミなどで明らかになってきている。目をブラジルに転じればどうだろう。日本のコンビニ弁当の表示にある様な化学的物質の恐ろしさはないが、農薬の規制やその徹底ぶりが分からないだけに恐ろしいものがある▼かつてブラジルに住んでいた知人が「地域農業を守り、消費者にその声を届ける」ことをモットーに発行している『産直新聞』(長野県)で働いている。小さな業界紙だが、食の作り手の状況を知りたいというニーズはこれから増していくだろう。本紙からは、ブラジルの食の通信を送ることになった。先方からも情報を送ってくれるようだ。コロニアのみなさんは、日本の地域農業のどのような取り組みに関心があるだろうか。ご意見あれば、本紙編集部に寄せてほしい。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • コラム 樹海2014年3月28日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月28日  当地では11年10月にウクライナ移民120周年が祝われ、同国のヤヌコーヴィチ大統領(=当時、現在はロシアに亡命し法的大統領を主張)が来伯した。文協でも同9月28日の民族芸能祭に各国総領事館代表らが特別に出席して祝った▼そのウクライナのクリ […]
  • コラム 樹海2014年3月29日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月29日  移民の昔話を聞いていると、騙された話をよく聞く。金を持ち逃げされた、使用人に訴えられた、信用してサインしたら土地を取られた―など。「ブラジル人だったらまだいい。日本人にやられるんだから落ち込むよねえ…」という言葉もよく聞く。開拓でガムシャ […]
  • コラム 樹海2014年3月26日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月26日  6月のW杯グループ戦で日本代表が試合をする3都市はどれも、メキシコのNGOが昨年発表した「世界で最も危険な都市リスト」の上位を占めている。中でもナタウは人口10万人当りの殺人事件57・62人でなんと世界12位、クイアバは同43・95人で2 […]
  • コラム 樹海2014年3月27日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月27日  日本では独自の「カワイイ文化」の一つの到達点として、女性がお嬢様風の洋服やカールした髪、付けまつげで可愛さを追求するロリータ・ファッションが流行っており、一説には100万人も愛好者がいるという▼当地でも10年ほど前から愛好者が増えだした。 […]