ホーム | コラム | 樹海 | 選挙まで1年、大統領の所属政党はどこ?

選挙まで1年、大統領の所属政党はどこ?

ボルソナロ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

ボルソナロ大統領(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)

 来年の今頃には次の大統領選挙が行われる。その1年前にして、現職大統領の所属政党が決まらないという、異例の事態が発生している。
 事の発端はボルソナロ大統領がおかした「見込み違い」だ。ボルソナロ氏は2019年11月、所属の社会自由党(PSL)を抜け、新党「アリアンサ・ペロ・ブラジル」の結党を宣言した。
 この背景には、この直前に浮上したPSLの政党支援金不正使用の疑惑と距離を取りたかったというのが表向きにはある。だが、これまでの政治家人生で党の中枢についたことがなく、政党移籍を繰り返していたボルソナロ氏が夢にまで見た党首就任に希望を見だしていたこともあったかもしれない。
 そもそもが計画的でなく降って湧いたような離党と新党結成だっただけに、党登録申請に時間を要した。当初「20年の市長選に間に合わせる」としていたアリアンサの結党は間に合わず、それどころか22年大統領選にさえ間に合わないことが決定的になった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ