ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2007年10月11日付け

 砂糖と醤油で煮た玉コンニャクを串に刺す大会が開かれたの記事(9日)は楽しくも微笑ましい。山形は、こんやく消費が日本一だし、確か―玉コンニャクの発明も山形の人だったらしい。こんにゃくがよく食膳にのぼるのは美味によるところが大きいのだろし、やれ「砂だし」にとよく食べる。漢字で書くと蒟蒻と難しいが、これほど日本人の舌に馴染んだ食べ物も少ないのではないか▼インドかセイロンが原産地だそうだが、日本でも1000年も昔にもう食べていた。江戸の末期になると、茨城県の中島藤右衛門という人が、粉こんにやくの製法を考え出して藩主から名字帯刀と麻裃の着用を許されたの話が今に伝わる。こんにゃくの生芋は重く、腐敗するのも早い。藤右衛門さんは、これをなんとかしたいと、苦心の末に粉にする研究を進め成功したのだが、これで販路が拡大し村は大いに富み潤ったという▼秋が深まると、山形では芋煮会が有名になる。正しい調理法はしらないけれども、畠から掘り出したばかりの大きい里芋と牛肉を入れ鍋で煮る。あそこには名代の米沢牛がいるし、あるいは山々に豊かな茸などの香気が味覚を増すのではないか。大きな芋煮になると、東京からフアンが駆けつける人気だし、夏にはサクランボもある▼隣の宮城は、意外に知られていないのだが、蒲鉾の消費量が日本一である。ここには「笹蒲鉾」の名品があり、全国平均の4倍もの1万2661円を「かまぼこ代」に使う。酒の肴によく、食卓にと毎日のように海の味を楽しむ。と、鄙びた奥羽の人々も中々に味道を心得た食道楽が多いのがいい。   (遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]