ホーム | コラム | 樹海 | むしろ、ばらされた方が良かったこと

むしろ、ばらされた方が良かったこと

モロ氏(Lula Marques)

 セルジオ・モロ法相が苦境に立ち続けている。サイト「ジ・インターセプト・ブラジル」からの漏洩文書を使った追及を道義的な問題にする人は少なからずいる。だが、「漏洩内容は国民の関心のあるもの」として、2度もルーラ元大統領絡みの漏洩で名をはせた同氏の主張の説得性に対する国民の答えは、6月30日に行なわれた、残酷なまでに閑散とした擁護デモで証明されていた、とコラム子は思う。加えて、2日に行なわれた2度目の下院での答弁も1回目と同じ「自分は被害者だ」ということを繰り返すだけで進展なし。さすがにこれでは苦しい▼それに、モロ氏や検察庁のラヴァ・ジャット(LJ)班は自分たちの話したことを晒されたとして激怒するが、中にはコラム子から見て「モロ氏はともかく、LJ班の人としては、自分たちの本音を知ってもらう意味でむしろ知られて良かったものもあったのでは」と思えるものさえあった▼

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 極右VS極左の仁義なき戦い2019年7月2日 極右VS極左の仁義なき戦い  「こんなシュール(超現実的、奇怪)な光景が見られるとは…」――6月19日に上院憲政委員会でなんと9時間にわたって繰り広げられた、セルジオ・モロ法相を問い詰める政治家たちの鬼気迫る様子をテレビで見ながらそう感じた。両手に余る汚職告発をかかえていつ監獄送りになってもおかし […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]
  • TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性2019年5月10日 TVドラマでも揺らいだモロへの信頼性  伯国でも世界有数に加入者の多い、映像配信サービス「ネットフリックス」では今日10日から、ペトロブラス汚職を暴くラヴァ・ジャット作戦を元にした伯国製作の連続ドラマ「オ・メカニズモ」の第2シーズンがはじまる。このドラマが、ラヴァ・ジャットの捜査員や同事件に絡んだ政治家など […]
  • 政界の裏で実権を握りそうな男2019年4月26日 政界の裏で実権を握りそうな男  今年に入り、ジャイール・ボウソナロ大統領、および彼の家族が引き起こす物議が国の内外で話題を呼んでいる。ただ、これからの少なくとも2年間、政治上の裏の実権を握りそうなのはロドリゴ・マイア下院議長になるのではないか。コラム子はそう睨んでいる▼それを象徴する出来事が23日に […]
  • 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉2019年3月22日 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉  14日に出た判決を巡って、現在、最高裁が批判の矢面に立たされている。それは同裁が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦のような大型汚職犯罪の場合でも、選挙に使われた隠し口座の裁判は選挙裁判所で行なう」との投票結果を下したからだ。これを「国を揺るがした大型汚職事件に対しての妨 […]