ホーム | コラム | 樹海 | 重大事発生時こそ言葉に注意!

重大事発生時こそ言葉に注意!

 29日午前6時前(日本時間、ブラジリア時間では28日午後6時前)に北朝鮮が弾道ミサイルを発射した事を受け、安倍総理が同日の会見で、「我が国に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、我が国の上空を通過した模様」と語った▼総理の言葉は「首相官邸」というサイトで確認したが、この文面だと北朝鮮が日本を狙ってミサイルを発射した意味になる事を総理や関係者が認識していたのか、それとも意図的にこのような表現をしたのかが気にかかる。「我が国に」という間接目的語挿入で日本が狙われたという意味になるとは認識していなかったのなら、ある意味、総理の日本語力の問題で、慎重さを求めるだけで終わる。だが、この言葉を意図的に入れたのなら、日本の戦争参加に繋がりかねない法案を連発してきた安倍政権が、北朝鮮の行動を利用して打った新たな布石といえる▼北朝鮮は既に「次の標的はグアム」と言っており、日本を標的にしたとは言い難い。だが、安倍総理の発言を、ナチス政権No.2のヘルマン・ゲーリングの「国民を戦争に参加させるのは簡単なことだ。国民には攻撃されつつあると言い、平和主義者を愛国心に欠けていると非難し、国を危険にさらしていると主張する以外には何もする必要がない。この方法はどんな国でも有効だ」との発言に重ね合わせると、背筋が凍る▼安倍総理の言葉尻を捕らえ、言語学的な分析をするつもりはない。だが、NHKや毎日新聞などが「我が国に」の部分を削って報道した理由も気になる。北朝鮮の標的は韓国や米国ではなく、「日本」と語る事で、国民の不安をわざと掻き立てようとしたのなら、今後の舵取りへの不安も拡大する。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 知られてしまった、ふたつの「からくり」2019年11月22日 知られてしまった、ふたつの「からくり」  「勢いがなくなってきているな」。ボウソナロ大統領、ならびにセルジオ・モロ法相に関してそう感じさせる事態が、ここ2週続けて起こっている。それは、11月9日と17日に行なわれた、最高裁に対しての抗議デモ。ルーラ元大統領の釈放につながった、最高裁での「2審有罪後に刑執行か否 […]
  • 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか?2019年11月19日 憲法改正したら「人権は守られなくなる」のか? ブラジル共和制宣言130周年  この11月15日はブラジル共和制宣言130周年だった。「共和制」とは、君主を持たない政体のことだ。1889年、軍がクーデターを起こして皇帝ペドロ2世を廃位して追い出し、首都リオの議会において共和制が承認・宣言された日だ。  ブラジ […]
  • ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか2019年11月15日 ボリビアで「眠っていた怪物」が目覚めてしまったか  10日に起こったエヴォ・モラレス氏を大統領辞任に追い込んだ、ボリビアのただならぬ異様な雰囲気に包まれたプロテストに、コラム子は戦慄を覚えた。ものすごく怖い思いをした▼今回のプロテストは、当初はエヴォ氏に不利なように思えた。それは同氏が、同国の定める憲法の改憲に失敗した […]
  • 良い知らせを伝える者の足は2019年11月14日 良い知らせを伝える者の足は  4日付の伯字サイトで「良い知らせだけ」というサイト(http://www.sonoticiaboa.com.br/)に関する記事を読んだ。ジャーナリスト歴30年で、殺人や汚職などの悪い知らせばかり報じる内に胃を患い、良い知らせだけ流そうと決めた男性の話だ▼「肉体的な問題ではな […]