ホーム | 日系社会ニュース | 和式伝統文化が世界の標準=環境考古学者 安田氏が講演=〃年稿〃で欧米の常識覆す=「自然に優しい生活を!」

和式伝統文化が世界の標準=環境考古学者 安田氏が講演=〃年稿〃で欧米の常識覆す=「自然に優しい生活を!」

ニッケイ新聞 2014年2月8日
安田喜憲(やすだ・よしのり)教授

安田喜憲(やすだ・よしのり)教授

「日本の伝統文化が世界の標準になる!」。ブラジル日本会議(小森広理事長)が4日、宮城県人会で開いた講演会で、東北大学大学院環境科学研究科の安田喜憲教授(67、三重)はそう力説した。湖底の堆積物が1年ごとに刻む地層のような縞模様「年稿」の研究により、地球に大変動が起こった時期に関する欧米の定説を覆した。安田教授は70人の聴衆を前に「年稿は祖先の贈り物。自然にやさしい日本的生活様式は、世界に自信を持って示せるもの」と祖国のすばらしさを訴えた。

安田教授は水月湖のボーリング(円筒状の穴をうがつこと)を行い、年稿から気候変動の記録を読み取り、「人類史を分ける世界的な気候変動は1万年前ではなく、1万5千年前だった」という画期的な発見をした。水月湖は福井県にある国指定の名勝で、05年にはラムサール条約指定湿地に登録されている。

約30年前には「大変動があったのは1万5千年前では」と考え始めたという安田教授。しかし当時は「欧州人が1万年前と言ってるのだから、安田の主張はウソだ」と誰も取り合わなかったという。「世界は欧米人の言うことが正しいと思ってきた。でも今は福井県の水月湖に過去の〃グリニッジ標準時〃がある」。年稿研究が進めば、地球物理学が苦戦している年単位での地震予知も可能になるという。

水月湖の年稿は、人間が環境を破壊すれば失われてしまう繊細なもの。安田氏は「日本のほとんどの湖ではどこをボーリングしても年稿の途絶えがない。それは日本人が山や自然を崇拝し、『命の水の循環』を守る民族だったから」と力説する。水月湖には奇跡的にも過去10万年分が保存されており、世界最長記録だという。

〃天女の里〃三保の松原を含めた富士山が世界文化遺産と昨年6月に認められた。でもユネスコは当初「45キロも離れた三保の松原は除外すべき」と断固反対だった。

安田教授は「ごねると遺産登録からはずされる心配があったが、日本人にとって二つは一体」と諦めず、関係者とともに「富士山から湧き出た水は三保の松原がある駿河湾まで流れる。山からの水が田畑を潤し、森の栄養が漁場を豊かにする。その『森―里―海』という生命を支える水の循環系を守っているのが日本人の文化」という価値観を訴え続け、選考メンバーを説得した。結局、登録が決まった時は全会一致だったという。

富士山の登録は「山を崇拝する世界観を世界が認めたということ」と同教授。日本食の世界遺産登録や年稿の保存も含め「日本的生活様式がいかに大事か、世界の人が気づき始めている」と祖国への誇りをにじませた。

USPの教授、杉尾憲一郎さん(67、二世)は「私は地質学が専門だが、考古学から見た研究は実に参考になった」と話していた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • 昨年度の収支を確認する役員ら2014年3月18日 鹿児島、繰り越し金約18万レ=百年史は4月に印刷開始 ニッケイ新聞 2014年3月18日 鹿児島県人会(園田昭憲会長)は9日、「定例役員会・定期総会」を同会館で開いた。 昨年度の収入は24万2582・13レに繰越金が加算され合計45万9004・93レ。支出は27万8567・29レで、18万437・64レが次年度繰り越しとなった […]
  • 新会長へ就任濃厚となった本橋氏2014年3月26日 県連会長選=鳥取 本橋氏が次期会長か=単一シャッパ、総会で承認へ=園田氏に続き、一世続投 ニッケイ新聞 2014年3月26日 鳥取の本橋幹久氏が県連会長に――。ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の選挙シャッパ提出が14日午後5時に締め切られた。本橋現副会長を会長候補とする単一シャッパで、副会長、会計、書記ふくめ12人が明記されている。27日の総会で承 […]
  • 研修に臨む橋本さん、入江さん2014年3月15日 橋本、入江さんが研修来伯=熊本県農業プログラムで ニッケイ新聞 2014年3月15日 ブラジル熊本県人会が9日午後、同会館で行なった農業研修生紹介式に約40人が参加し、到着を喜んだ。同研修は2007年に熊本県人会によって企画され、今年から熊本県の協力のもと受け入れが始まった。 「くまもと農業塾」所属の橋本龍生さん(37)と […]
  • 笑顔を見せる(左から)内海、上芝原副会長、西村会長、大野、鹿毛副会長2014年3月18日 新会長に西村千世子さん=ADESCが総会開く ニッケイ新聞 2014年3月18日 農協婦人部連合会(ADESC)が先月25日午前、高知県人会館で定期総会を行った。 各研修報告の後、会計報告や新年度の事業計画を確認し、役員改選が行われ新会長にはヴァルジェン・グランデ・パウリスタの西村千世子(ちせこ)さん(66、高知)が就 […]