ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月8日

 「欧米が正しい、西洋科学が正しいと皆思っていたが、そうじゃない!」。宮城県人会会館で開かれた講演会で4日、国際日本文化研究所教授の安田喜憲さんは口角泡を飛ばさんばかりに力説した▼同氏は環境考古学という新学問の創設者だ。福井県の水月湖で「年稿」を調査し、「地球規模の大変動が起こったのは1万年前」という欧米発の定説を覆した(詳細は7面)。「今や水月湖が〃過去のグリニッジ標準時〃」と安田さん。「日本が世界の標準になる日が来た」と会場に獅子吼した▼彼は科学という観点から欧米中心主義を批判したが、思えば生活全般がそうだ。戦後移民ですらNHKを見ながら「カタカナ言葉ばかりで意味がわからない」とこぼす。今の日本での会話はカタカナ英単語なくしては成り立たない。本紙では記事を書く時できるだけ〃純日本語〃を心がけるが、これが意外と難しい▼「欧米かぶれ」を意識しない程、日本の日本人の生活には欧米文化が浸透している。日本人は古来、外国文化を内包することで自らの文化を豊かにしてきた。それもやりすぎれば「言葉を通した文化の侵略」となる危険性を孕む▼移民が「子孫に日本語を」とうるさく言うのは、「言葉=文化」だと肌で知っているからだ。「NHKがわからない」という嘆きは、すなわち「祖国日本の方が変わってしまった」ことへの嘆きでもある。日本の日本人はその嘆きに耳を傾ける必要はないか▼当地移民のそんな嘆きは、日本人の心の奥に潜む欧米への劣等意識をはかる〃民族的〃リトマス紙(酸性度を測る試験紙)の役割をしているのかもしれない。(阿)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!2017年5月20日 ブラジル岩手県人会=好評のわんこそば祭=3分間の早食い競争も!  ブラジル岩手県人会(千田曠暁会長)は『第11回わんこそば祭り』を5月28日午前11時から、同県人会館一階ホール(Rua Thomaz Gonzaga, […]
  • コラム 樹海2014年3月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月22日  南マットグロッソ州都カンポグランデ市を訪れた。今年、日本人入植から100年を迎え、カンポグランデを通って入植が始まったボリビア・オキナワ移住地も60周年の節目。母県からの慶祝団の訪問もあることから、お互いの行き来も今後あるようだ。市の無形 […]
  • コラム 樹海2014年3月21日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月21日  坂本龍馬の時代から日本の人が海を見て思うのは、その遥か先にある異国のことだった。でも移民が海を見て想いを馳せるのは、逆に祖国だった▼県連移民のふるさと巡りに同行取材して、タウバテ市にあるモンテイロ・ロバット資料館を訪れたあと、本橋幹久団長 […]
  • コラム 樹海2014年3月12日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月12日  在聖総領事館主催の「日系市長と若手日系リーダーとの交流会」で、小野ジャミール市長が言った「大農場主などの金持しかなれなかった市長に、農夫の息子の私が当選できたのは、ジャポネースへの信頼感が強いから」との言葉に感じ入った。福島県人会長時代と […]
  • コラム 樹海2014年2月1日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年2月1日  6月に迫ったW杯に向け、日系5団体が「日本人支援委員会」を昨年末に立ち上げた(本日付け7面)。記事を読み、取材記者に話を聞きながら、疑問がつのった。まずは文協である▼「広報窓口」という。先月31日付け「ど~なってるの? 文協改修」関連で、1 […]