ホーム | 連載 | 2013年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 | 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (125)=中間層の重責担った親日伯人=地元有力者を育成した海興

日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (125)=中間層の重責担った親日伯人=地元有力者を育成した海興

ニッケイ新聞 2014年2月14日
日本語で「懸け橋になりたい」と挨拶するアナ・ジュリアさん(四世)

日本語で「懸け橋になりたい」と挨拶するアナ・ジュリアさん(四世)

レジストロ地方入植百周年式典でもう一人顕彰されたのはジョナス・バンクス・レイテ(1907―1978)で、やはりRBBCの初代幹事長だった。カルヴァーリョ市長時代の市議会議長で、後任市長でもある。3期も務め、今もって市長在任の最長記録保持者だ。

1950年前後は票の多くを日系人が握っていた時代であり、戦後初期にカルヴァーリョ、レイテが市長に選ばれたことで、今に続く、戦後の市政の雰囲気が固められた時代だった。

レイテも海興と深い関係があったことが『Os Bastidores』に明らかにされている。同34頁にはレイテ自筆の経歴が掲載され、ジュキアで生まれて聖市の歯科薬科大学を1927年に卒業し、28年にレジストロ最初の歯科外科医として海興に雇われたとある。

その後28年から35年まで警部補(Sub-Delegado Policia)に、35年から38年に副郡長にも任命されていた。つまり最初に海興で働き始め、それをきっかけに警察、行政の仕事にも手を広げ、戦後はなるべくして市長になった。

1930年代後半、副郡長の要職を最初にレイテが任じ、それを北島弘毅が受け継いだ。シズナンドが書記となり、この3人が戦前、実質的にイグアッペ郡役所と管内で最も税収を挙げていたパス・デ・レジストロ区(レジストロ植民地)との行政的なやり取りをしていた。その要として海興があった。

イグアッペ、レジストロ、セッテ・バーラス入植百周年式典の様子。中津川市慶祝使節団、来賓、地元住民が揃って記念撮影

イグアッペ、レジストロ、セッテ・バーラス入植百周年式典の様子。中津川市慶祝使節団、来賓、地元住民が揃って記念撮影

前掲書には《レジストロを1934年に区にした時も、1944年に市にした時も、1953年にComarcaを設置した時も~(中略)、彼(レイテ)は甚大な努力を払った》(33頁)とある。その中で、戦中の海岸部強制立ち退きの時もレジストロ地方は対象外にされ、枢軸国人集団地であったにも関わらず44年に市制化するという普通ならありえない歴史を刻んできた。

カルヴァーリョもレイテもコロニアと一般社会をつなぐ中間層の役割を担っていた中心的人物とみられる。マルチンスの母同様、日本移民と深い信頼関係があった。

海興は戦前のレジストロ植民地を事実上取り仕切って立派な精米所を建設し、黒瀬泰を派遣してダムを作って水力発電計画まで練ったが、世界大恐慌や関東大震災の煽りで資金が調達できず、紅茶産業が勃興するまで苦しい年月を過ごした。でもその間、中間層となる信頼できる伯人を着実に育てていた。

ではなぜ、そんな海興が戦中に清算されたのか。その影響力があれば、コチア産組や南銀のように有力伯人にトップを任せて組織を残すこともできたはずではないか――との疑問も湧く。しかも不思議なことに、清算とほぼ同時期に市として独立した…。戦前に海興がやろうとしていたインフラ整備を、カルヴァーリョやレイテらが先頭にたって50年代に進め、町として本格発展させた。

「肉を切らせて骨を断つ」ではないが、海興を清算することで日本色を消し、戦後すぐにベースボールクラブという別の形で日系団体を復活させることもできた。まるで圧倒的な強権をふるったヴァルガス独裁政権に海興を〃生け贄〃として捧げ、代わりに大事な何かを護ったかのようだ。

☆    ☆

入植百周年式典では、海興の残務整理をした広田英郎のひ孫、レジストロ文協日本語教室で勉強するアナ・ジュリア(四世)が、日本語で「百年経った今、寿司や焼きそばを知らないブラジル人はここに居ません。日本語が話せれば、日本人の考え方が分かるようになる。日本にはブラジル人が見習ったら良いことがたくさんある。私は日本とブラジルの懸け橋になりたい」と挨拶して大きな拍手を受け、未来に続く道を照らした。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 晩年の黒瀬泰・松枝夫婦(京田三恵所蔵)2014年1月21日 日本移植民の原点探る=レジストロ地方入植百周年 ◇戦後編◇ (107)=海興職員の父「情熱もう一度」=何も語らぬ母の秘めた想いは ニッケイ新聞 2014年1月21日 同概要によれば、70年代に始まった『リベイラ河流域総合開発計画』の総工費は1億2630万ドルという壮大なものだった。パ紙82年12月21日付けでも「リベイラ流域で田植え 米作も高収量予想 日伯協同開発実る」などと日本の協力で設置された排水 […]
  • 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める2014年3月29日 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める ニッケイ新聞 2014年3月29日  電力危機がささやかれる中、エジソン・ロボン鉱山動力相がはじめて、「節電する必要が生まれる可能性がある」ことを明かした。28日付伯字紙が報じている。  鉱動相はこれまで電力制限の可能性を否定してきたが、経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナ […]
  • 電力不足の可能性低し=鉱動省が関係者集め説明会2014年3月20日 電力不足の可能性低し=鉱動省が関係者集め説明会 ニッケイ新聞 2014年3月20日 鉱山動力省が18日、電力部門の企業家らを集め、電力不足で供給制限が起きる可能性は低いと説明したと19日付エスタード紙が報じた。 水力発電所のダム貯水量が減少し、火力発電所が通年稼動、燃料の輸入も増加という報道が続く伯国だが、鉱動省関係者は、 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(119)2014年3月19日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(119) ニッケイ新聞 2014年3月19日 「古川さん、ご苦労でした。彼女の情報が充分取れましたね」 「・・・」 「古川さん、霊気をがっちりキャッチして、よくここまで・・・。大成功でした。それも成仏前の霊気をがっちりと・・・」 「霊気なんかじゃなくて『聖正堂阿弥陀尼院』さんそのもので […]
  • コラム 樹海2014年3月18日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月18日  9月から始まった北伯マデイラ川の増水が最高水位を更新中の15日、ジウマ大統領がロンドニア州ポルト・ヴェーリョなどを視察した▼川の水位が19メートルを超え、感染症なども報告されている事は13日付弊紙既報だが、編集部ではその日、大統領がこの地 […]