ホーム | 連載 | 2014年 | 「社会に開かれた日語教育を」=聖南西日本語教師研修会 | 「社会に開かれた日語教育を」=聖南西日本語教師研修会=(下)=学習優先度が徐々に低下=問われる方向性や使命

「社会に開かれた日語教育を」=聖南西日本語教師研修会=(下)=学習優先度が徐々に低下=問われる方向性や使命

ニッケイ新聞 2014年2月15日
福澤一興会長の授業の様子

福澤一興会長の授業の様子

「教師合同研修会」の開催場所はサンパウロ州サンミゲル・アルカンジョ市のコロニア・ピニャール。14年ほど前、聖南西地区の日本語学校教師らが、日本語能力をはかるコロニア独自のテストを開発しようと集まったのがきっかけで始まったが、授業についてアイディアを出し合い、情報交換を行うなどするうちに、研修会として発展した。

ブラジル出身者や移住者が半数、残り半数はJICA派遣のボランティアたちで総勢約30人が参加した。JICAシニアボランティア日本語教師の金ヶ江洋子さん(58)による講義のほか、参加者が授業に関するアイディアを持ち寄ったワークショップ(共同作業)と、テーマ別分科懇談会などを行った。

同懇談会では「日本語教師の育成」「指導法」「保護者、文協とのコミュニケーション」「行事のあり方」などをテーマに話し合い、意見を出し合った。どの学校でも生徒減少とともに、学習者の日本語学習の優先度が低くなっていること、レベルの異なった生徒たちが集まり、一斉授業が成立しないなどの課題を抱えており、議論の多くはその対策に関するものだった。

ロンドリーナから講師兼参加者として出席した金ヶ江さんは、最近の生徒の傾向について、「日本語学校は、水泳や英会話などと同等かもしくはそれらより優先度は下で、月謝を払って送迎の手間をかけて日本語の勉強をさせるのは、熱心な家庭のみとの印象」と話す。生徒が少ない上、レベルが異なるために複式授業で、個人学習を補う程度で会話の授業ができないと語った。

日語教育は従来、個人宅などで子弟への日本語継承を目的に行われてきた経緯から、教師の高齢化と減少がすすみ、金銭的・時間的な理由で教育の質を高めるための研修等ができず、教育の質が低下し、生徒が減り、待遇が改善されないという悪循環が生まれているなどの意見も出された。

また「協力団体であるはずの文協からも経費削減等を求められ、厳しい状況におかれている」との意見にうなずく人が複数いた。グループの話合いでは悪循環を断ち切るためには「思い切って教師の給料を上げる」「学費をあげて質のよい授業をつくる」「成功した学校をモデルにする」「日本企業と連携する」などの意見が出た。

非日系や成人などが増えて学習者は多様化したが、教える側が目の前の事柄に追われ、解決策や方向性を見出せないままのようだ。聖南西教育研究会の福澤一興会長に尋ねると「現実的には日本語教育の方向性や、明確な使命感をもって携わっている人は少ないかも」という。

松原教授は「2015年は、当地で初めてできた日本語学校の設立から100周年と節目の年をむかえる。課題を抱える日本語教育に関して話し合い考え直す機会として催しも企画したい」と意気込んだ。(終り、宮ケ迫ナンシー理沙記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 講義をするモラレス松原礼子教授2014年2月14日 「社会に開かれた日語教育を」=聖南西日本語教師研修会=(上)=松原教授が歴史踏まえ提言=今後のあり方を模索 ニッケイ新聞 2014年2月14日 継承か、日本文化普及のための日本語教育か―。日系子弟の生徒が減少し、アニメなどから日本語学習をはじめる成人学習者が増加傾向にあるなか、今、コロニアの日本語教師は何を目指しているのか。日本語教師が3日間集まり、教授法から学校運営に関すること […]
  • 新宿日本語学校の皆さん。左から江副ジョエル・フランス語担当、江副校長、松野良子専務理事、マルチネス・ルイス・ホベルト日本語研究家2014年1月24日 新宿日語学校 江副校長が来伯=学習の新しい形アピール ニッケイ新聞 2014年1月24日 日本国内で数少ない学校法人格を有する日語学校「新宿日本語学校」の江副隆秀校長(63、東京、えぞえ・たかひで)が20日に来伯し、サンパウロ市の日本語センターや南麻州カンポ・グランデ、パラナ州クリチバなどで教師の指導や講演会を行っている。 今 […]
  • 本紙編集部を訪れたデニウソン、ギリェルメ、アントニオさん2014年1月22日 日本語をレベルアップ!=基金が大学生研修実施中 ニッケイ新聞 2014年1月22日 国際交流基金サンパウロ日本文化センターが全伯から日本語学習者を招き、「全国大学生サンパウロ研修」を実施中だ。 毎年1月に実施される。参加者は能力別に2グループに分かれ、日本語を使いながら日本文化や日本事情について学ぶ。各研修の最終日、17 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]