ホーム | 文芸 | 刊行 | 刊行物=『日系人活用戦略論』=ブラジルでの事業展開に

刊行物=『日系人活用戦略論』=ブラジルでの事業展開に

ニッケイ新聞 2014年2月20日
本の表紙

本の表紙

大阪商業大学総合経営学部の古沢昌之教授による『「日系人」活用戦略論―ブラジル事業展開における〈バウンダリー・スパナー〉としての可能性』(白桃書房、251頁、3500円)が、昨年12月に刊行された。

現地の言語や文化社会に通じていると同時に、日本語能力や日本文化への理解度・親近感も高い「日系人」。従来型の「日本人駐在員か、現地人か」という二分法的な発想を超え、彼らを日本企業の国際人的資源管理における新たな人材オプションとみなし、ブラジル事業展開における活用を理論的・実証的に探究する。

国際人的資源管理論・異文化経営論・移民研究・ブラジル学など広範な分野の文献研究および、在ブラジル日系進出企業や在日日系人などを対象としたアンケート調査、聞き取り調査を通し、日系人の「バウンダリー・スパナー」(本国文化とホスト国文化の橋渡し役)としての可能生を探る。

【著者略歴】1964年大阪府生まれ。86年関西学院大学経済学部卒。経営学博士。大阪商業大教授、英国レディング大学ヘンリー・ビジネスクール客員研究員。『多国籍企業と新興国市場』(文眞堂、12年)、『グローバル人的資源管理論』 (白桃書房、08年)など著書も多数。

書籍販売サイト「アマゾン」(www.amazon.co.jp)から注文できる。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 刊行『蜂鳥』2014年3月18日 刊行『蜂鳥』 ニッケイ新聞 2014年3月18日  句集『蜂鳥』317号が刊行された。  「蜂鳥集」より3句「ただ暑し重き手足をもてあます」(畔柳道子)「旅つづく持てあましたる夏帽子」(須貝美代香)「ふくませて筆の走りや書始め」(青木駿浪)、特別作品「苦瓜」(馬場園かね)ほか。 […]
  • 刊行物『朝蔭』2月号2014年3月21日 刊行物『朝蔭』2月号 ニッケイ新聞 2014年3月21日  『朝蔭』2月号(第784号)が発行された。  巻頭「句帳」(念腹、その一句「馬の背をすべって草の蛍飛ぶ」)、雑詠(寿和選、その3句「猫来ると金魚番せる子が眠り」(畠山てるえ)、「大河とて苦労あらふに鰯雲」(東比呂)、「ぼうふらの唐脱ぐ様を […]
  • ピンドラーマ、3月号2014年3月11日 ピンドラーマ、3月号 ニッケイ新聞 2014年3月11日  コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』3月号が発刊された。  「移民の肖像」では戦後第1回ジュート移民の硴久博(かきひさ・ひろし)さんを紹介。その他「各国移民レポート 韓国編2」「ブラジル教育事情」やサッカー、グルメといった毎月の […]
  • 刊行=『上塚司のアマゾン開拓事業』=孫芳郎、中野順夫氏が共著2014年3月12日 刊行=『上塚司のアマゾン開拓事業』=孫芳郎、中野順夫氏が共著 ニッケイ新聞 2014年3月12日  アマゾニア産業研究所の80周年を記念し、上塚芳郎、中野順夫さんが『上塚司のアマゾン開拓事業』を昨年に刊行した。限定500部。高野書店で販売中(協力費として100レアル)。  上塚のおいたちと植民思想に触れ、ヴィラ・アマゾニア建設、アンディ […]