ホーム | 文芸 | 刊行 | 「移住100年のあゆみ」=岐阜県人会が年表発刊

「移住100年のあゆみ」=岐阜県人会が年表発刊

本の表紙

本の表紙

 岐阜県人会(山田彦次会長)が先月10日、年表『岐阜県人ブラジル移住 100年のあゆみ』(288ページ、500部)を発刊した。
 13年8月には県人移住100周年、県人会創立75周年を祝っており、同年2月の理事会で作成を決定した記念事業がこのたび完成を迎えた。
 古い時代の資料は手元になく、会創立当時の関係者は逝去し話を聞く術もないため、年表形式でまとめることになった。特に戦前の文書資料はほとんど存在せず、『ブラジル岐阜県人会75年の記録』という改題案も出たが、移住100周年の記念出版とあって現題名に決定した。
 移住開始の1908年から2013年末までを全10章に分け掲載。前身にあたる親睦会や節目ごとの記念式典、会館引越しなどの出来事が取り上げられ、県費留学制度や文化事業などを題材にコラムも記された。
 坂野政信事務局長は、「1913年の若狭丸から始まる岐阜県人の移住史をまとめることができた。はっきりした日付が不明な部分もあるが、当時の出来事、歴史が分かる貴重な一冊になった」と完成を喜んでいる。
 山田会長も本書を通し「県戦略推進課、教育委員会、県警本部、下呂市役所など資料調査にお手伝い頂き、協力していただいた関係各位に感謝」と述べている。
 問い合わせは同県人会(11・3209・8073)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 日系作家・佐野シルヴィオさん=日系社会伝える本出版会、10日に2018年3月10日 日系作家・佐野シルヴィオさん=日系社会伝える本出版会、10日に  日系作家の佐野シルヴィオさんは、自身のコラムや短編小説、詩をまとめた「Kontos Kronicas Kancoes」の刊行を記念し、出版記念イベントを10日午後2時から7時まで、三重県人会(Av. Lins Vasconcelos, 3352, Vila […]
  • さらに充実『群星』第2巻=希望者に無料で配布中2016年8月5日 さらに充実『群星』第2巻=希望者に無料で配布中  「ウチナーンチュの心」を次代に伝えるための日ポ両語の同人誌『群星(むりぶし)』第2巻が7月に発刊された。ブラジル沖縄県人移民研究塾(宮城あきら塾長)の刊行。塾有志が資金を出し合って1千部印刷され、同県人関係者の間で無料配布されている。 巻頭言で語られた刊行動機は、次のようなも […]
  • 最後の日本兵 小野田さん=伝記が伯国陸軍から出版2016年11月11日 最後の日本兵 小野田さん=伝記が伯国陸軍から出版  終戦を信じず、戦後30年近くフィリピン・ルパング島に潜み闘い続けた元帝国陸軍少尉、故小野田寛郎さん(和歌山出身)のポ語伝記『セン・レンジソン(降伏せず)』が伯国陸軍から発刊される。刊行発表会が18日午後7時からニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • 隠れキリシタンを描=中島宏さんが小説出版2015年11月6日 隠れキリシタンを描=中島宏さんが小説出版  聖市在住の中島宏さんが小説『クリストレイ―約束の地―』(上・下)をこの度発表した。それぞれ423、420頁。 2011年に発行の『ブーゲンビリア』(文藝春秋企画出版部)に続く、自身2作目となる本作は、物語の中心をノロエステ線プロミッソンのコロニア最古の教会、クリストレイに据え […]