ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年3月6日

 昨日公館長表彰を受けたドウラードス日本語モデル校の校長・城田志津子さんは、「天候に左右される農作物に一喜一憂しつつ、明日を信じて子どもと遊んできた。農業で節くれだった手が誇り」と農業者らしく挨拶。また、両親がデカセギに行った生徒が夕日を眺めながら、「夕日は、ここで沈んで日本で朝日になるから、好き。お父さんお母さんお休み」と語った感動の体験を披露し、「とてもよい挨拶だった」と観客の喝采を浴びていた。

     ◎

 小野田さんは和歌山県出身。木原好規・和歌山県人会長は、「会館に出入りすることはなかったが、何十年も会費を払い続けてくれた。生活拠点を日本に移した後も、ブラジルの知人を通じてずっと。感謝したい」と話す。木原会長は1980年代初頭、仕事の都合もあって南麻州の小野田農場を訪ねたことがある。「ちょうどブルドーザーで開墾している最中で、たくましかったね」との印象を話し、実直だったというその人柄を偲んでいた。

     ◎

 「メール便約2700通未配達」とのニュースを2日、共同通信などの複数のメディアが報じた。ヤマト運輸の配達員が、配達すべきメール便を、「忙しかった」との理由で、配達できなかったものを自宅に隠していたとのこと。当地では横領やストライキなどの理由で、送ったはずのものが届かないというのは良く聞く。いずれにしても届かないと困るが、「忙しくて」というのはなんとも国柄が表れている?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年3月12日 大耳小耳  今日開催のモンテ・アズール日本祭りに運営協力する東海大の学生ら。中々国際色豊かなメンバーで、当地でのボランティア経験者や、半年間タイに滞在経験のある学生も。極めつけはサウジアラビアからの留学生、機械工学を専攻するアルバルカウイ・マジデさん(21)だ。初来伯に「言葉も食べ物も似 […]
  • 大耳小耳2008年10月8日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2008年10月8日付け […]
  • 大耳小耳2013年4月20日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年4月20日  19日に開店45周年を迎える西武渋谷店(東京都)が、16日から2週間、ブラジルフェア「Oi! […]
  • 大耳小耳2013年5月29日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2013年5月29日  琴奏者の内藤方干さんは毎年地元で定期演奏会を開くほか、海外でも演奏活動を行っており、琴の教室も開いている。かつてはデカセギ集住地の同県長浜市内に住むブラジル人の子供たちにも教えたこともあるという。金融危機後は多くのデカセギが帰国して今は行わ […]
  • 大耳小耳2014年4月16日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年4月16日  在ブラジル特命全権大使に就任した梅田邦夫さん。これまでの赴任歴を尋ねると、実は各国の大事件のオンパレードだ。ペルー赴任は公邸占拠事件の直後だったし、ニューヨークの国連代表部にいた時は9・11事件が勃発し、中国公使時代はチベット暴動や毒入り餃 […]