ホーム | Free | 大耳小耳

大耳小耳

 日伯協会(三野哲治理事長、本部=神戸市)の会報『ブラジル』第981号を見ていたら、兵庫県立美術館で9月、アンドレ・コレイア・ド・ラーゴ駐日ブラジル大使(当時)がした講演内容が掲載されていた。いわく《大統領府にはブラジル固有の植物を使った日本人の手による庭園があり、そこではブラジルの文化と日本の文化が共存している》と締めくくったそう。それを読んで、すぐにピンときた。以前、首都のコチア青年の荒木茂高さん(故人)から、「パラシオ・デ・アウボラーダ(大統領公邸)の裏には、実は立派な日本庭園があった。日本人の草分けの一人、小野山三郎(兵庫県人)という農業技師がいて、庭師の仕事をしていた関係で、彼はジュッセリーノ・クビチェッキ(大統領)とベンアミーゴだった」との話を聞いたのを思い出した。まさに大統領と兵庫県人農業技師の友情が生み出した「文化共存」のようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2020年3月31日 大耳小耳  コロナウイルス感染防止措置で外出自粛令がでる前夜、街の至る店に駆け込みのまとめ買いをしている客をみかけた。さるスーパーのシュハスコ(BBQ)用の道具コーナーには特に人だかりができていた。客は次々炭を買い、車に載せて帰っていった。外出自粛令の間は、家の中でシュラスコパーティをや […]
  • 大耳小耳2020年3月24日 大耳小耳  ブラジル日系熟連クラブ連合会の機関紙『ブラジル老荘の友』553号の俳壇(吉田しのぶ選)には、興味深い句が並んでいた。《ブラジルに慣れしも正月雪恋し》(寺田雪恵)には、その通りと膝を打った。《三つ日坊主と知りつつ求む日記帳》(岩崎ゆりか)にも共感。年末年始に何度も誓って書き始め […]
  • 大耳小耳2020年3月21日 大耳小耳  コロナ危機の影響で、水曜日からリベルダーデ日本広場の周辺が寂しくなっている。角にある丸海グループのコンビニ「MARUSO」は早々に一時閉店し、その向いの「喫茶店「89℃コーヒー・ステーション」も20日時点で一時休店になった。スーパー「丸海」や「ブエノ」、「海鮮」などは営業して […]
  • 大耳小耳2020年3月20日 大耳小耳  サンパウロ市役所は18日に新型肺炎対策のため、20日(金)から4月5日(日)まで市内の商業施設の営業を禁止した。ただし薬局、スーパーマーケット、フェイラ、コンビニエンス・ストア、ペット・フード店、パン屋、バール、レストラン、ガソリンスタンドはそれから除外される。それに伴って、 […]