ホーム | コラム | オーリャ! | 日本にはない「祭りダンス」

日本にはない「祭りダンス」

 先日、北パラナの日系イベントで盆踊りを目にした。参加者は月とちょうちんに照らされ、やぐらの太鼓奏者を囲み、歌謡曲などに合わせゆったりと踊っていた。若者や非日系人も多く、「これが日本文化継承の姿か」とぼんやり眺めていた。
 数曲の歌謡曲が終わり、盆踊りも閉幕かという頃、突然1990年代のアップテンポなJ‐POPが流れ始めた。何かの間違いかと見ていると、先程まで年配者がリードしていた盆踊りとは打って変わり、若者が先頭に踊り出てキレのあるダンスを披露し始めた。「待ってました」とばかりに、楽曲に負けじとかけ声を上げ、ハイテンションでやぐらの周囲をグルグルと回った。
 後で聞いたことだが、若者たちは日本のアップテンポな楽曲に合わせ踊る「祭りダンス」が大好きなので、それのルーツになった盆踊りを先にやることを約束事にしているとか。「祭りダンス」が盛んになるほど、盆踊りも残っていく仕組みだ。良い方策だと感心した。
 と同時に、日本にはない「祭りダンス」という新しい「日系芸能」を彼らは作り出したのだと、興味深くお祭り騒ぎを見つめていた。(大)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デコ画廊が日系初参加=22日まで国際画廊展に2007年4月20日 デコ画廊が日系初参加=22日まで国際画廊展に 2007年4月19日付け  昨年、創立二十五周年を迎えたデコ画廊は、十九日からイビラプエラ公園内のビエンナーレ・パビリオンで開催されている「サンパウロ国際画廊出品展」に、日系ギャラリーでは初めての参加を果たしている。 […]
  • 原爆展示をまじまじと見つめる池田少将2014年8月27日 ■ひとマチ点描■「晴天ならボクは産まれなかったかも」  「晴天ならボクは生まれなかったかも」。陸軍南西方面軍参謀司令官の池田リュウゾウ少将は7月半ばに、サンパウロ市の広島文化センターを訪れ、3階にある原爆展示を見ながら、そう語ったという。 案内した広島県人会理事の平崎靖之さんによれば、少将の両親は福岡県出身の戦後移 […]
  • 国境越え元軍人・自衛官の交流を=日系人大会=「退役軍人の集い」で呼びかけ2007年5月11日 国境越え元軍人・自衛官の交流を=日系人大会=「退役軍人の集い」で呼びかけ 2007年5月11日付け […]
  • 大耳小耳2019年5月21日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、サンパウロ市所在の日系企業に14日、詐欺と思われる電話があった。同社の固定電話に同社社長を名乗る人物から日本語で「アジアで会社を買収する話があり、英国の弁護士と相談したところ、ブラジルの拠点から資金を拠出するのが良いと言われた。そのため、100 […]
  • 【高拓生入植80周年】アマゾンに産業興す=一石二鳥の有益事業2011年11月25日 【高拓生入植80周年】アマゾンに産業興す=一石二鳥の有益事業 ニッケイ新聞 2011年11月25日付け  ゴム産業が衰退していた当時、アマゾナス州は百万ヘクタールの土地の無償譲渡と引き換えに日本人移住者の受け入れを図った。 […]