ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 サンパウロ市交通局(CET)が発表した最新の資料によると、同市では、2018年の交通事故による死者が、2014年以来、4年ぶりに増加したという。サンパウロ市での交通事故死は14年に1249人を記録して以降、毎年減少し、17年は797人まで落ちていたが、18年は849人に増えた。最も死者の多かったのはバイク運転手の366人で、2位の歩行者(349人)と共に4年ぶりの上昇に転じたのが響いた。サンパウロ市では、ジョアン・ドリア前市長が就任早々の17年1月に、その前の市長のフェルナンド・ハダジ氏が設定したスピード制限を緩めていたが、その反動が出た形となってしまったか。コーヴァス現市長はどう対策する?
     ◎
 サンパウロ州検察局は22日、市立チデ・セツバル病院が、有効期限が切れた避妊薬を処方していた件について捜査を行うと発表した。この件は、市東部サンミゲル・パウリスタにあるこの病院が7人の女性(そのうち1人は15歳の未成年)に対し、期限切れの避妊薬を処方していたもので、20日にサンパウロ市も病院の行った過失を正式に認めていた。処方された女性に体の異常などが起きないこと、同様の過失が繰り返されないことを願いたい。
     ◎
 22日に行われたサッカーのブラジル杯ベスト16で、パルメイラスは敵地マラニョン州での無名チーム、サンパイオ・コレアとの一戦で苦戦を強いられたが、1―0で勝利。一方、サンパウロは本拠地モルンビでの対バイア戦で振るわず、0―1で敗れた。両カード共に、第2試合は来週行われるが、サンパウロの巻き返しに期待したい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2019年5月28日 東西南北  26日に行われた親派デモはそれなりに形となり、なんとか面目は保たれたボウソナロ大統領。だが、26日付のフォーリャ紙によると、デモの結果がどうであれ、もう既に、連邦議会でのボウソナロ氏の評価は、「議会との関係を悪化させ、国の統治はできない」と散々で、「大統領権限を小さくさせる」 […]
  • 東西南北2019年5月8日 東西南北  5日未明、サンパウロ市東部アリカンドゥーヴァで、ラファエル・アパレシード・デ・ソウザさん(23)が、親類の家の前で軍警からの発砲を胸に受けて死亡する事件が起きた。ラファエルさんはこの日、親戚の家に行き、シュラスコを行った後に家の前で従兄弟たちと立ち話をしていたが、その際に彼の […]
  • 東西南北2019年4月9日 東西南北  ダッタフォーリャの調査で、大統領就任100日目での支持率が過去の大統領に比べて低いことが明らかになったボウソナロ大統領。こうした支持率の低さは、これに先駆けて行われた他の調査機関の調査でも似た結果が出ていた。だが、大統領本人は意に介さず、「最初の100日間で予定していたことの […]
  • 東西南北2019年4月4日 東西南北  3月1日に急逝したルーラ元大統領の孫、アルトゥールちゃん(享年7)の死亡原因が、当初発表された「髄膜炎」によるものではないことが判明した。このことは、アルトゥールちゃんの家族が住んでいるサンパウロ大都市圏サントアンドレ市の市役所が1日に、聖市の医療機関の意見書を正式に発表した […]
  • 東西南北2019年4月5日 東西南北  昨年の大統領選後、ボウソナロ氏が、医療プログラム「マイス・メジコス」に参加する医師の採用基準を見直すと言いはじめ、キューバ人医師が大量に引き上げたため、昨年の12月から今年1月に、7120人のブラジル人医師がその穴を急遽埋めたと報じられた。だが、この3カ月間で、少なくとも10 […]