ホーム | 日系社会ニュース | 【特別企画】新来シリア移民が見たサンパウロ=日本人と何が違って何が同じ?《4》=説明を読まないブラジル人

【特別企画】新来シリア移民が見たサンパウロ=日本人と何が違って何が同じ?《4》=説明を読まないブラジル人

シリアに「空気を読む」習慣はありますか?

 シリアでも人々は空気を読みます。しかし、その空気を分かりたい時は分かるし、分かりたくない時は読めなかったふりをします。日本人はもし相手が怒っていると気づいたらどうしますか? 事を荒立てないようにその人をなだめますか? シリアでは1人が怒っていたら周りも一緒に怒り出して喧嘩になります。ブラジルでは普通そんなに喧嘩は起こりませんね。

読まないブラジル人

アラビア語学校の授業案内が記されたフェイスブック

アラビア語学校の授業案内が記されたフェイスブック

 ブラジルではしっかりと説明しなければいけないです。概してブラジル人たちは読まないと思います。私(モハマド)は教師なので、いつも授業の宣伝をします。サイトに授業の方法や月謝を記しています。
 ところが、ブラジル人はワッツアップのメッセージなどで、記したことを質問してきます。私は説明書を添付してさらに説明するのですが、「それでいくらですか? 時間は?」とまた返事が来ます。ブラジルでは読もうとしない人が多いように感じます。
 私が「添付の説明を読んで下さい」というと、ネットの掲示板で文句を言い始めます。そこには、「この学校の先生とコミュニケーションするのは難しい」と書かれます。ブラジルには読まない人、読んでもすぐに忘れる人が多いと感じます。ブラジル人に対してはものすごくはっきりと明確に、「分かりましたか?」と何度も確認しなければなりません。

公共交通機関で高齢者無料の必要がないシリア

 昨年、サンパウロはバスとメトロが全て65歳以上から無料に変更されたことで反発する市民がいました(以前は一部60歳から無料だった)。シリアにメトロはありません。バスは高齢者でも皆運賃を払わなければなりません。
 シリアは皆運賃を払う必要がありますが、その前に住民が助け合います。レバノンにもシリアにも住んだことがありますが、どちらも腕を上げれば誰かが同乗させてくれる可能性が高いです。
 レバノンではバス自体があまりなく、基本的に自家用車でしか移動しません。タクシーはありますが、腕を上げて誰かの車に同乗させてもらうのが習慣になっている感があります。
 いずれにしても、シリアでもしあなたの状態が悪そうだったら、必ず誰かが同乗させてくれます。それをアラブでは「アナフエ」といい、他人を助けるために努力をすることを意味します。私もレバノンで同じ事をしていました。
 シリアでは公共のインフラ整備が不十分です。その分、人々が助け合わなければなりません。だから、もし自分が車を運転していて困っている人を見かけたら、自分がその人を連れていくのです。それができるのは、シリアではブラジルと比べて泥棒がいないからです。
 「あなたはどこに行くの?」と尋ねて一緒にどこかへ行くのは普通です。

ブラジル人によく聞かれる質問

 女性の事です。「アラブでは4人と結婚できるのですか?」と。ブラジル人は4人と結婚できるのをあまり好ましいとは思っていません。禁じられるべきだと思っています。結婚については宗教や文化の影響であると答えます。
 ブラジル人はアラブ人の服装を変わっていると思っていますが、ブラジル人の服装は西洋文化の影響を受けています。また、ブラジル人女性は強く、自分が前に出ますが、アラブの男性はそれを好ましいと思いません。ただ、外では男性が前に立ちますが、シリアの家では女性がコントロールしています。(つづく)

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天2021年6月17日 《ブラジル》臨終間近のコロナ患者を歌で看取る=穏やかに寝付き数時間後に昇天  「ハレルヤ、ハレルヤ(主をほめ讃えよ)」――ピアウイ州コレンテ市の病院で、新型コロナ感染症で入院していた女性に死期が迫っている事を感じた医師が、患者を落ち着かせるためにその傍らで歌ったところ、女性も一緒に歌った上、歌を聴きながら寝入り、数時間後に息を引き取るという出来 […]
  • 東西南北2021年6月17日 東西南北  2022年の大統領選出馬を有力視されていたグローボ局司会者のルシアノ・フッキが、16日未明、出馬断念ととれる発言を行った。フッキは同局の深夜番組「コンベルサ・コン・ビアル」に出演した際、2022年に関して、「ドミンゴン・ド・ファウストンの後番組の司会者を務める予定」と答えた。 […]
  • さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に2021年6月17日 さくら丸=久々に対面で同船者会開催=ワクチン接種終え、小規模に  60代以上はワクチン接種を終え、これまで頑なに家族から対面で会うことを止められてきた人々も、各自の判断で旧交を温める動きが出始めている。そんな14日、1963年に初航海した移民船「さくら丸」の同船者らが互いに呼びかけ、猫塚司さん(78、岩手県出身)、中沢宏一さん(78 […]
  • 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる2021年6月16日 《ブラジル》半量のワクチンでも有効か=ヴィアナ市で実験接種始まる  ブラジル南東部のエスピリトサント州ヴィアナ市で13日、ボランティアによるオックスフォードワクチンの実験的接種が始まったと13日付アジェンシア・ブラジルなどが報じた。  このプロジェクトは、ワクチンを半量にしても新型コロナへの抗体ができ、感染や重症化を防ぐ事ができるか […]
  • 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長2021年6月16日 《ブラジル》コロナ孤児が約7万人発生=政府が支援策検討=緊急支援金は3カ月延長  連邦政府が生活扶助(ボルサ・ファミリア)の見直しに合わせ、コロナ禍で家計の責任者である親を失った子供達への特別支援を考えていると15日付エスタード紙などが報じた。  15日現在で、コロナ感染症による死者は49万人に達し、あと1週間程度で50万人を超えると見られる。そ […]