ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年3月18日

 9月から始まった北伯マデイラ川の増水が最高水位を更新中の15日、ジウマ大統領がロンドニア州ポルト・ヴェーリョなどを視察した▼川の水位が19メートルを超え、感染症なども報告されている事は13日付弊紙既報だが、編集部ではその日、大統領がこの地域をまだ訪問していないという話が出ていた。というのも、大統領就任直後にリオ州山間部で起きた水害の時は即座に視察に飛んだ事が思い出されるからだ▼その一方、サントアントニオやジラウの水力発電所のダム建設が被害を拡大しているという説も出ている中、元鉱山動力相だった大統領はこれらの声に当然反論したがるだろうとの思いも浮かんだ。そういう意味で、ネット上で大統領がマデイラ川流域を視察したと知った後、どんなコメントが出るかが気にならなかったと言ったら嘘になる▼ロンドニア州知事らはマデイラ川の水位が19・10メートルに至った12日に大統領を訪問し、連邦政府の支援を要請。13日には国家統合省がアマゾナス州の被災者の支援に170万レアルを支出する事を発表など、政府としても北伯の水害をそれなりに受け止めていた筈だが、リオの水害では即座に反応した大統領が北伯にはなかなか行かなかったのは、前記2発電所への批判を聞きたくなかったからと勘ぐりたくなるのはコラム子だけか▼16日付フォーリャ紙には、同地域の増水は発電所のせいではなく、ボリビアの大雨やアンデスの雪解けが原因との大統領の弁が載った。発電所の建設許可の際も隣国の雨は考慮された筈であり、隣国は当時、ダム建設で自国でも増水が増えると案じていた事にはどんな釈明をするのだろうか。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • メルコスール加盟の裏幕=ジウマの秘密工作を暴露=〝独裁体制〟ヴェネズエラ=アスンシオン在住 坂本邦雄2016年10月15日 メルコスール加盟の裏幕=ジウマの秘密工作を暴露=〝独裁体制〟ヴェネズエラ=アスンシオン在住 坂本邦雄  ブラジルのヴェージャ誌(10月7日号)が報じるところによると、時のジウマ・ルセフ大統領(2011年1月―2016年8月)は、ブラジルがパラグァイに対する双国イタイプー水力発電所の同国分余剰電力買い上げ価格を3倍に値上げする事をもって、ヴェネズエラが望むメルコスールへの正会 […]
  • 来年以降電気代値上がり=少雨による火力発電稼動で2014年4月5日 来年以降電気代値上がり=少雨による火力発電稼動で ニッケイ新聞 2014年4月5日 この夏の少雨に伴う火力発電所の稼動などに伴う出費を補うため、2015年以降の電気代は、8~9%値上がりすると見られている。4日付伯字紙が報じている。 水力発電を主体電力源とするブラジルでは、この夏の少雨で水力発電所のダム貯水量が減少したことによ […]
  • 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める2014年3月29日 「電力節電の呼びかけも」=ロボン鉱動相が認める ニッケイ新聞 2014年3月29日  電力危機がささやかれる中、エジソン・ロボン鉱山動力相がはじめて、「節電する必要が生まれる可能性がある」ことを明かした。28日付伯字紙が報じている。  鉱動相はこれまで電力制限の可能性を否定してきたが、経済誌「ウォール・ストリート・ジャーナ […]
  • PAC2は3年で82%=予定より早いと自画自賛=国庫庁の指摘は馬耳東風2014年2月21日 PAC2は3年で82%=予定より早いと自画自賛=国庫庁の指摘は馬耳東風 ニッケイ新聞 2014年2月21日 連邦政府が18日、2011~14年実施の第2期経済活性化計画(PAC2)は第3年次終了時点での遂行率が82・3%、投資金額も全体予算の76・1%に当たる5830億レアルに達したとの報告を行った。 政府公式サイトによると、エネルギーや物流イン […]
  • 3年目の報告を行うマンテガ財相(中央)とベルキオリ企画相(左)(Marcelo Camargo/Agencia Brasil)2014年2月20日 PAC2は3年で82%=予定より早いと自画自賛=国庫庁の指摘は馬耳東風 ニッケイ新聞 2014年2月20日 連邦政府が18日、2011~14年実施の第2期経済活性化計画(PAC2)は第3年次終了時点での遂行率が82・3%、投資金額も全体予算の76・1%に当たる5830億レアルに達したとの報告を行った。 政府公式サイトによると、エネルギーや物流イ […]