ホーム | 日系社会ニュース | 県連会長選=鳥取 本橋氏が次期会長か=単一シャッパ、総会で承認へ=園田氏に続き、一世続投

県連会長選=鳥取 本橋氏が次期会長か=単一シャッパ、総会で承認へ=園田氏に続き、一世続投

ニッケイ新聞 2014年3月26日
新会長へ就任濃厚となった本橋氏

新会長へ就任濃厚となった本橋氏

鳥取の本橋幹久氏が県連会長に――。ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の選挙シャッパ提出が14日午後5時に締め切られた。本橋現副会長を会長候補とする単一シャッパで、副会長、会計、書記ふくめ12人が明記されている。27日の総会で承認されれば新体制の誕生となる。

電話取材に応じた本橋氏は、「総会で決定するため今はなんとも」と話すに留まりつつ、シャッパ提出を認めた。与儀昭雄氏が11年に沖縄県人会長を退任。定款上、県連会長を辞任したことから、本橋氏が強く推されていたが、健康上の理由で辞退した経緯がある。

その任を受け継ぎ、2期を全うした園田現会長(鹿児島)は、事務所移転、6月のW杯に向けた邦人保護の委員会設立など、「在任中に形を整え、引き継ぎたい」と語ってきた。

「裁判問題や毎年の日本祭りが大変だった」と振り返り、「今後は鹿児島県人会のために尽くしたい」と話した。赤字を見込む日本祭りについて、「成功に向けて最後まで協力する」と、新体制を支える考えだ。

日本祭り実行委員長として、新体制発足後も引き続き尽力する山田康夫氏(滋賀)は本橋氏について、「まじめで芯を持って取り組む姿勢をもった人」と印象を語り、副会長の杉本教雄氏(静岡)も「みんなで選んだ人ですから」と信頼を寄せている。

image_print

こちらの記事もどうぞ